それは本当に今のものなのか

f:id:nakatakaori:20170901112720j:image

 

日々の暮らしの中で

喜怒哀楽 様々な経験をし

そこに生まれる感情によって

自分の心の奥を覗き見る機会を得る

 

あの時あの人とのやり取りで

とても不快にかんじる事があった

とても傷付いた

 

そんな想いが心をかすめる時

確かめておきたいのが

 

それは「今」起きた事なのか

という事

 

 

あの時の私は傷付いたかもしれない

あの時の私は悲しかったかもしれない

 

だけど

 

今の私はもう

簡単には傷付かない私かもしれない

今の私はもう

悲しみを超える強さを持っているかもしれない

 

 

あの時のそれは

ただあの時に起きた

 

「私が傷付いたとかんじた出来事」

 

であり

今この瞬間に起きているものではない

という事をキチンと確かめておきたい

 

 

許せない事があるのは苦しい

何故ならそれは

自分が自分を許してない証だから

 

傷付いた自分を許せないのは

もっと苦しい

 

 

出来事を体験した時に生まれた感情は

今この瞬間にまで連れて来なくてもいい

 

今この瞬間は

 

秋晴れの空の下で

心地良い風に吹かれながら

季節の移り変わりを感じ

心が澄み渡るのをかんじているのではないか

 

その心地良さを差し置いてまで

あの時の感情を

今この瞬間にまで連れて来なくてもいい

 

 

どうするのかは自分が選べる

自分を信頼し許し

愛すればいい