日常に溢れるメッセージ

日常に溢れる様々なメッセージを綴ります

かおりうめ✾梅干し作りワークショップ開催します 2024/6/24(月)


f:id:nakatakaori:20240516211941j:image

昨年、初めて開催した

「かおりうめ ✾梅干し作りワークショップ✾」

今年も開催いたします

 

今年は大好きなお友達

サステナブルフードコーディネーターの

坂東のり子さんのお店

ビストロカフェkukkaさんでの開催

 

 

10名限定

カフェ・スイーツ付きです

お心向きました方は是非ご参加ください

 

 

✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣

 

梅干しは、日本の伝統の保存食、スーパーフードです。
塩で締め、一番大きな陽性「太陽」のエネルギーを受けて更に陽を極めように作られる梅干しは、陽の氣が高まる季節の為に用意された、陽性の権化ともいえる食材。
この夏に向けて、その恩恵をぜひご享受いただき、今後の備えとしてもお役立てください。

 

今回はアートテンテクノロジーという宇宙エネルギーを使った農法で作られた和歌山の南高梅を使用します。
お作りいただく梅の量は1kgです。
毎年少しずつ量を増やして、「我が家」の梅干しを楽しんでください✨

 

(テキストもありますので、作り方さえわかれば、来年以降、各自市販の梅でもお作りいただけます。)


✾災害の備えとして常備食への関心も高まりつつある昨今、梅干しもその一端を担う伝統的な保存食です。一度に沢山作りますので、万が一の時には、ご近所様との分かち合いも出来ます。

法改正により、本物の梅干しは事実上市販では手に入れる事が出来なくなりました。

ならばこの機会にと、ご自宅で手作りされる方が増えれば幸いです。

 

✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣

 

2024年6月24日(月)10:00〜(12:00終了予定)
参加費:4,500縁
定 員:10名
※参加費には材料費、ドリンク、スイーツ、テキスト代が含まれます
※受付は10分前から行います
※梅はお一人様1kgご用意しております
※参加費はお釣りの無いようご用意ください

場所:ビストロカフェkukka

  〒574-0041大阪府大東市浜町1-20

 

✾ご持参いただくもの✾
◎果実酒瓶(3Lサイズ)
◎布巾(梅の水分を取るもの)
◎エプロン
◎手拭きタオル
◎筆記具


✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣✢✣

 

※追熟の過程で梅の水分が蒸発し、若干1kgを下回る可能性がございます事、ご了承ください。
※果実酒瓶に塩漬けにしてお持ち帰りいただきますので、持ち帰り用の手提げ等も適宜ご用意ください。
※35%のお酒(消毒用)を使用します
※常在菌の力を借りる為に素手で作業していただきますので、手袋が必要な方は各自でご用意ください。会場にはご用意がございません。
熱中症対策として、補給出来る水分なども各自でご用意ください。

 

●お持ちいただく保存容器の洗浄と熱湯消毒をお済ませください。

会場では、アルコール消毒のみとなりますので、熱湯消毒はご自宅で済ませておいてください。

【熱湯消毒の方法】
洗浄した保存容器を乾かし、常温(冷えていない状態)にして、沸騰したお湯を少しずつ、おたまに3〜4杯程度入れます。
瓶をグルグルと回しなから、瓶の中全体に熱湯を行き渡らせ、口の部分も全てが熱湯に触れるように回しながら熱湯を捨てます。
蓋も熱湯に10秒程度潜らせます。
その後はしっかりと乾かしてください。

※瓶が割れないようにご注意ください
※やけどにご注意ください
※しっかりと冷まし、乾かしてください

 

お申込みは

ビストロカフェkukka公式ラインからどうぞ


f:id:nakatakaori:20240516212602j:image

 

 

うれしいすぎるよ展+そういうことじゃないんだよ展

f:id:nakatakaori:20240508142359j:image
4/20〜5/20まで

大阪 心斎橋のBPガーデンシティ南船場

開催されている

うれしいすぎるよ展+そういうことじゃないんだよ展に足を運んでまいりした

 

うれしいすぎるよ展+ そういうことじゃないんだよ展

詳細ページ

 


f:id:nakatakaori:20240508140936j:image

結構沢山の方が足を運んでいらして

皆様じわりと笑っちゃうを体験してらっしゃいました

 

 

 


f:id:nakatakaori:20240508140407j:image


誰かの嬉しいを想像して

共感し喜びを味わう

 


f:id:nakatakaori:20240508142708j:image

うれしいすぎるよ展の対象作品には

確かにじわりと笑みが溢れるものが勢揃い

 

 

f:id:nakatakaori:20240508140920j:image

確かにジェットストリームだと嬉しいし

新しいチョークはテンションあがる

 


f:id:nakatakaori:20240508140959j:image

誰かにとっての嬉しいの中には

自分にとっての嬉しいがちゃんとある

 


f:id:nakatakaori:20240508141010j:image

セーフって思うよね

 


f:id:nakatakaori:20240508141020j:image

最幸に嬉しい時

 


f:id:nakatakaori:20240508141031j:image

ご褒美だよこんなの

 

 


f:id:nakatakaori:20240508140422j:image

同時開催の

そういうことじゃないんだよ展では

いやわかってるんだけど

そういうことじゃないんだよという

絶妙にこそばい作品がずらり


f:id:nakatakaori:20240508142725j:image

口には出せないささやかなアレですよね

 


f:id:nakatakaori:20240508141606j:image

写真の男性の胸元に

「サイコ」って書いてあるのもシュール

 


f:id:nakatakaori:20240508141733j:image

20分の間にある

双方の時空の歪み

1分ですらな世界線

 


f:id:nakatakaori:20240508141743j:image

あーそーですねー(棒)

の反復練習

 


f:id:nakatakaori:20240508141751j:image

そうなんだけどねのやつ

 


f:id:nakatakaori:20240508141800j:image

過去に私も経験した事のある言葉の数々

言葉にならない(いや、ほんまっ…)を

噛みしめる人々の顔が浮かぶ

 

 


f:id:nakatakaori:20240508142135j:image

こういう展示会では

足元だって油断しちゃいけない



f:id:nakatakaori:20240508142126j:image

ケチャップの賞味期限を氣にしちゃう

(全然問題なし)

 

 

体験型

 

 


f:id:nakatakaori:20240508142808j:image

今回の展示会は

チームentakuが開催する様々展示の一つ

 

 


f:id:nakatakaori:20240508143023j:image

来月は心斎橋PARCOにて

いい人すぎるよ美術館+切ないすぎるよ博物館

が開催予定

こちらも氣になります

 

 

じわりとしたものを

カタチにして表現出来るって

想像力のマッサージみたいで良いですね

 

久しぶりの展示会に

にんまりした一日でした

 

 

おめでとう✾ありがとう

f:id:nakatakaori:20240429150147j:image

今日は

リリーのうちの子記念日

すくすく元氣に5歳を迎えました

 

 


f:id:nakatakaori:20240429150240j:image

片手に収まる小さな身体が

日に日に大きくなっていきました

 

当時のキャットタワーも

中から一段ずつ登ってたのにね

いつの間にか

外からジャンプで上段に上がれるようになってたね

 

動物の成長は早いから

あっという間に

大人になるんだろうなぁと思いましたが

 


f:id:nakatakaori:20240429150435j:image

緩んでいる時は仔猫さん

 

 


f:id:nakatakaori:20240429150734j:image

 

大人になった今でも

幼かった時の面影をかんじる事があります

 

 

こんな風に

毎年毎年振り返るんだろうなぁ

普段でさえ

今尚ここにいてくれる事が

不思議で仕方なくて

嬉しくて有り難いと思う事があるのに

より一層感謝が募りますね

 

 


f:id:nakatakaori:20240429151532j:image

ツンデレ甘えん坊のリリー

抱っこより足ちぐらが好きなリリー

朝方だけ私の腕にフミフミしちゃうリリー

 

 


f:id:nakatakaori:20240429151608j:image

お誕生日おめでとう

毎日ありがとう

これからもよろしくね

 

 

越木岩神社へ ✾カナヘビに通じた想い✾


f:id:nakatakaori:20240419185501j:image

 

以前から行きたいと思っていた

越木岩神社へ足を運んで参りました

 

 

越木岩神社



駅から歩いて行きましたが

結構な坂道

ゆっくりじっくり

辺りを見渡しながら歩を進めます

それにしても

自分がここにいるのが

場違いなのでは?と思える程

その道中は大きな家が建ち並びます

 

閑静な住宅街の山の上にある神社

それが越木岩神社です

 


f:id:nakatakaori:20240419191831j:image

 

第一の鳥居をくぐればそこはもう森の中

とても心地良い空間が広がります

 

※参道の森は

西宮市が保護区に指定しています

 

 

お社のお写真は撮っていませんが

どこも本当に氣が良くて

あぁ私ここ好きだなぁとかんじました

 


f:id:nakatakaori:20240419190014j:image

 

この写真を撮った場所で

「私ここ好きです」

って声をかけたら

風がふぁーーーっと吹き抜けました

 

夏日の暑い最中でしたが

ここにいる間中

ずっと心地良くて

時が止まったかのような氣持ちになります

 


f:id:nakatakaori:20240419190028j:image

拝見したかった磐座

近くで見ると迫力があります

 

磐座信仰というのがあって

ここの磐座も

かなり深い信仰が持たれていたそう

 

大阪城を建城中

その時の石工が

この磐座から石を切出そうとしたそうですが

村の人たちは大反対

それでもそれを押し切って

切出そうとすると

大きな事故が起こり怪我をする羽目に

結局切出されなかったようですが

切出すつもりの家紋が今も残っていて

「触っていいよ」

という看板まで出されています

寛容ですね

 

磐座の裏側に回って

全体を見ている時に

裏手の腰丈ほどの岩に手をついたんです

 

そうしたら

そこにカナヘビがいたようで

大慌てで逃げて行きました

 


f:id:nakatakaori:20240419190045j:image

私と距離を取ったまだ小さなカナヘビ

驚かせてごめんね

氣付かなかったんよ

ごめんねと謝って

 

可愛いね君

キレイだねぇ

 

とずっと話しかけていました

そして厚かましくも

 

ワガママ言うんだけど

君の写真が撮りたいから

ここの岩のところまで戻ってきてくれる?

 

とお願いしてみました

 

 

そうすると


f:id:nakatakaori:20240419190055j:image

戻ってきてくれたんです

 

ぐるりと私の目の前の岩を経由して

隣の木をよじ登って

元の岩の向こう側へと消えていきました

 

その間に数枚激写

動画も収めました

 

ちゃんと意思疎通が出来たようで

とても嬉しくて

 

ありがとう

ありがとうね

ワガママ聞いてくれてありがとう

 

とお礼を伝えて後にしました

 

 


f:id:nakatakaori:20240419190111j:image

それにしても迫力が凄い

 

 


f:id:nakatakaori:20240419190121j:image

 

一つだけ落ちていた椿の花も

よく来たねと迎えてくれたかのよう

 

 

来て良かったなぁ

最幸の時間だなぁ

 

そんな想いが溢れる中

境内内でしばらく佇み

氣が満ちたところで帰路に就きました

 

 

後で北の磐座へ行かなかったと氣付きましたが

今日はそれで良かったのでしょう

確かにそれで良かったです

 

 

表面的な事しか綴りませんでしたが

深いところでも色々かんじるものがありました

 

また訪れたい場所です

 

 

 

 

 

実りはじめたお野菜たち

f:id:nakatakaori:20240418123507j:image

 

先日定植したスナップえんどう

花びらが落ちて

何やら見えてきました

 

 


f:id:nakatakaori:20240418123523j:image

 

可愛い実が実ってます

凄いですね

 


f:id:nakatakaori:20240418123642j:image

毎朝水やりをするので

リリーも一緒に成長を見守ってくれてます

 

 

ブロッコリーは小さな房が見えてきました

 

トマトは花が咲き始め

ぐんぐんと背を伸ばしています

 

サニーレタスは

中から小さな葉がちょこちょこ見えてきました

 

人参は本葉がいくつも出てきました

 

里芋は

なかなか変化が見られませんでしたが

いよいよ茎がもう一つ見えてきました

 

ピーマンも

なかなか変化が見られませんでしたが

可愛い小さな脇芽がついていて

静かに成長してくれているみたいです

 

青ネギは

先日全て刈り取っていただきましたが

また伸びてきています

生命力の強さに驚きです

 

 

毎朝変化が見られて

とても嬉しい

これもまた豊かな事ですね

 

 

色とりどりのベランダ菜園

f:id:nakatakaori:20240411110143j:image

ベランダに夏野菜が並びました

 

 

一昨年からパーマカルチャーを学び始め

その年のベランダ菜園で

トマト ピーマン ブロッコリー

リーフレタス ナス 紫蘇 人参

リボベジのねぎなどを育てていました

 

わからないなりにも

なんとか実りが得られて

嬉しい夏を過ごした想い出があります

 

 

昨年は畑グループに参加し

遠方へ出向く事が多くなったことで

ベランダ菜園に手が回らず

空のプランターが長らく並んでいました

 

殺風景なベランダを見て何だか寂しさをかんじ

梅雨に入る前のギリギリのタイミングで

ホームセンターに駆け込みました

 

時期的にピーマンの苗しかありませんでしたが

それでもあって良かったと嬉しかった

ピーマンの苗を2株購入し

前年に採種した紫蘇の種を撒き

どうにかこうにかベランダ菜園を楽しみました

 

収穫が一通り済んだ後

来年は計画的にちゃんとやろうと

心に決めて迎えたこの春です

 

 

苗が沢山売られている時に

ホームセンターへ行って

今年のベランダ菜園を始めました

 


f:id:nakatakaori:20240411110155j:image

ミニトマトは絶対

日々大きくなるのが目に見えてわかる

ワクワクさせてくれる頼りになるお野菜です

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110203j:image

スナップえんどう

ツルが支柱にクルクル巻き付いていくのが

本当に不思議だし面白いですね

豆系のお花ってとっても可愛い

ちゃんと実ってくれるかな

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110236j:image

今年もお願いピーマンさん

昨年の私の物悲しさを救ってくれた

育てやすく美味しいお野菜

今年も一緒に春夏を楽しみましょう

 

 

今年はコンパニオンプランツとして

マリーゴールドも植えています

 

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110245j:image

サニーレタス

この季節の葉物は虫に食べられやすいので

どうしようか迷ったのですが

ブロッコリーと双方に

コンパニオンプランツになるそうで

植えてみる事にしました

早速大きな葉を収穫して

朝ごはんでいただきました

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110255j:image

ブロッコリー

一昨年にも植えたブロッコリー

もう一度チャレンジします

以前は小さなブロッコリーを一房収穫したのみ

今回はどうでしょうか

 

コンパニオンプランツとして

マリーゴールドとサニーレタスを

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110307j:image

人参

昨年の種を播種してみたのですが

なかなか芽が出ないと思っていたら

ちゃんと太陽の光を当ててあげると

めちゃ発芽してました

小さくて細い新芽の可愛いこと

しっかり人参として収穫できるでしょうか

 

 

ここまで苗や種を植え終えたところで

プランターが一つ余りました

 

また他のお野菜の苗でも買おうか

とも思ったのですが

実は密かに

芽出しをしていてお野菜がありました

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110317j:image

里芋

芽出しをしたと言うと聞こえは良いですが

芋系は氣付いたら芽が出てますよね

あちゃーと思ったのですけれど

これ

プランターで育てられるのでは?

と思いまして試しに植えてみました

 

収穫できるかどうかはお楽しみ

やってみる事に意味がありますよね

 

でも確実に芽が大きくなってきているので

期待できそうです

 

 


f:id:nakatakaori:20240411110325j:image

リボベジのネギ

一番長いお付き合いです

スーパーで買ったネギの根を

水に浸けて根出しして植えたリボベジ

特に肥料もなくただ水だけで

いつまでも青々と

何度でも繰り返し伸びてくる

本当にに凄すぎます

感度を与えるレジェンド

 

 

凄いといえば

紫蘇も凄い


f:id:nakatakaori:20240411110334j:image

植えた記憶も無いのに

沢山芽が出てきた赤紫蘇と青紫蘇

 

一昨年植えた時に

花を咲かせて採種までしたのですが

その時に土の中に種が溢れていたんでしょうね

 

植え替える度に

太陽に晒して消毒し

再びプランターに入れ戻しているため

全てのプランターに種が行き渡っているのでしょう

 

一度生えると永遠に生え続けるので

貸菜園で育てる時は注意が必要と

どこかで聞いた事があったのですが

こういう事かと身を持って体験しました

 

私の場合はプランターという

限られた小さなスペースなので

植物の生命力の強さに感動を味わえましたし

何よりサプライズ的で嬉しくかんじております

 

赤紫蘇は

今年の梅干しに少しでも入れられたら嬉しいな

 

 

ここからどう成長していくでしょう

夏を迎えるのが楽しみです

 

 

 

貴船・貴船 新たな氣付き


f:id:nakatakaori:20240407100609j:image

5年前の鞍馬口駅前の天狗さん

 


f:id:nakatakaori:20240407104755j:image

こちらは今の天狗さん

 

 


先日

雨風吹きすさぶ中

鞍馬・貴船へと足を運んでまいりました

 


f:id:nakatakaori:20240407100810j:image

 

天候もあって人は少なく

静かに散策する事が出来ます

 

以前はいつ訪れただろう?と

振り返ってみますと

早くも2年前

 

2年前もまた

以前はいつ訪れたかな?と振り返ると

さらに2年前だったようで

2年周期くらいで

訪れたくなるのかもしれません

 

2年前 2年前を繰り返し

かれこれ何度足を運んだのだろう

とても大好きな場所です

 

 

この日のような天氣なら

いつもなら雨だから辞めておこう

と思ってしまうのですが

何故かどうしても
心の奥深くで

行くべきだ

という想いが強くて

それに従う事にしました

 

結果的にそれが良かったようです

 



f:id:nakatakaori:20240407101040j:image

 

自然はいつも変わらずそこにあって

変わるのは我々人ばかり

 

そんな風にかんじてしまう

変わらぬ威厳の大杉さん

 

今回

雨の中鞍馬山を歩いて行く事に

私は何をかんじるだろう?と

少しの期待を持って赴きました

 

雨の不快さに心が負けないか

足元の悪さに恐れが出ないか

色々サラリと過りましたけれど

不思議な事に終始清々しく

不快さなど欠片もありません

 

今日は来るべくして来たんだなと

心が理解します

 

 


f:id:nakatakaori:20240407101653j:image

いつも人で溢れる場所も

このような状態

 

空氣も静かで澄み渡り

エネルギーが心身に染み渡るのをかんじます

 

澄み渡り

染み渡る

 

韻を踏んで

なんかラップみたいですね

 

いつも巡る場所に立ち寄り

その時々にかんじるものを

ゆっくり味わってみますと

 

良く来た 良く来た

 

と歓迎されてるのを

肚の奥でじんわり温かにかんじられ

とても嬉しくて

ずっと笑顔で歩いておりました

 

 

身体がかんじる負担も

鞍馬山を登る途中から足がパンパンになって

貴船へ至る頃には膝が笑って歩くのも大変

なんて事もかつてはあったのですが

この日は全く疲れる事もなく

むしろ

エネルギーが満たされていくのをかんじておりました

 

本当に面白いほどに

全くしんどくないんです

 


f:id:nakatakaori:20240407105351j:image

 

義経と弁慶が出逢ったとされる場所に至る頃

雨が止み

晴れ間が差して

人はらいのされた空間に

キラキラと祝福が満ちていました

 

なんてキレイなんだろう

目に映る世界が本当に美しくて

ずっとここにいたいと思うほどでした

 

 

その後も

奥の院へ向かう道中で

鹿さんに遭遇

 


f:id:nakatakaori:20240407105631j:image

 

ん?来たの?

と親戚のおばさんが迎えてくれたかのように

じっと見つめられました

 

可愛い

 

鹿がいる事は聞いていましたが

遭遇するのは初めて

嬉しい出逢いです

 

 


f:id:nakatakaori:20240407105805j:image

 

人はらいはまだまだあって

貴船神社奥の院でも起こりました

 

この写真には人がいらっしゃいますが

この後すぐ帰られました

 

 

この日得られた氣付きは

胸にあった想いに対して

それで良いという確信をかんじた事と

 

やはり全ては移り変わっていくんだという事

次へ行く決意に対する後押しをかんじた事

 

何も変わっていないようで

実はちゃんと変わっていて

その変化は人それぞれオリジナルのスピード

聖なるタイミングによって

もたらされるんだという事

 

独り占めせず

繋いでいくんだという事

 

護られているんだという事

 

 

そんな色々を深く得る事が出来ました

 

 


f:id:nakatakaori:20240407192900j:image

かつて私がいた場所には

 


f:id:nakatakaori:20240407105919j:image

もう私はいません

 

 

今はすぐにかつてとなる

過去には何もないんです

 

今この瞬間を味わって

移り変わっていく事を

喜び

楽しまなきゃね

 

この日の出来事に感謝