日常に溢れるメッセージ

日常に溢れる様々なメッセージを綴ります

編み物から学ぶ

 


f:id:nakatakaori:20221119124620j:image

 

今 ストールカーディガンを編んでいます

 

編み物でここまでの大物は

初めての挑戦なのですが

なんとか見本を真似て

完成まで折り返しのところまで到達しました

 

結構編めたなぁ

 

と広げた状態を見て改めてかんじたのですが

ここにきて初めて

飾り編みで

目が増えたり落としたりしてないかな?

と氣になって見返してみました

 

 

近くで見てみると

 

f:id:nakatakaori:20221119124609j:image

 

写真では良くわかりませんが


f:id:nakatakaori:20221119124930j:image

 

実はかなり間違いがあります。

細編み1目だった列が

いつの間にやら3目になっていたり

逆に

細編み3目だった列が

いつの間にやら2目に減っています

 

冒頭の写真でも

真ん中辺りが膨らんでいるのがわかります

目数が変わっている証拠ですね

 

 

何度も見返して

編み直した段も何段もあるのですが

ここに来るまで氣付かずに

ノリと勢いで勧めてきてしまった

自分の適当さに感心するばかりです

 

 

(安心してください

落ち込んだり凹んだりはカケラもしておらず

やらかしてるなぁとニヤついております)

 

 

氣付いたからには対処が必要

編み直すか目数を調整するか…

 

解いて編み直す氣力はないので

今の私が前向きに取り組める方法で

編み目数を減らしたり増やしたりして

最終段には揃うようにする事にしました

 

調整の始まりです

 

ここの列は増やし過ぎたから

徐々に減らしていって…

 

ここの列は減ってしまったから

一目増やして…

 

上と下と見比べながら

ここの列だな

この目数だな

と何度も確認しながら

調整を進めます

 

あれ?

どうだ?

こうか?

 

と考えながら

迷いながらも一つ一つの目に向き合って

少しずつ少しずつ調整です

 

なかなか忍耐のいる作業で

まだ完成には至っておりませんが

目数を調整するその作業って

心のトレーニングと似ているなぁと

ふと思ったんですよね

 

 

初めは

注意深く

間違わないように一目一目確認して

目数を数えながら進めていたのに

 

少し慣れて来た頃から

マスターしたつもりになって

少しの違和感にも間違った判断をし

こうに違いないという思い込みで推し進めてしまう

 

さらに少し経つと

やっぱり確認は必要だよなと

途中の部分と照合し

元が間違えている事に氣付かないまま

やはりそのまま推し進めてしまう

 

さらにさらに時間が経って

大きく一段落着いた頃

もう一度振り返ってみようと思い立って

全体を見渡した時に

あれれ?

ここの模様がどんどん変わっちゃってるじゃない

の氣付く

 

そこから調整をして

完成したとしても

恐らく少し歪な形 歪な模様になるだろうけれど

自分の力でやり通した事の慶びだったり

あれこれしたけど

まぁ自分用だし

ご愛嬌かしらと愛しくかんじる事でしょう

 

最初から間違わずに

きっちりと編んでさえいれば

こんな手間のかかる作業は

しなくて済んだのに

そう憤る事もあるでしょうけれど

 

こうして誤る事で

始める前とは違う真剣さで

編み進めてきたからこそ備わる真摯さで

ひと目ひと目と向き合う事が出来た

とも言えます

 

こういう事もあるんだと

視野も広がります

 

上手く進めるに越したことはありませんが

紆余曲折あればあるで

学べる事が沢山あります

養われるものが沢山あります

 

そうして編み上がったストールカーディガンは

本来の模様と少し違っていても

ここまで編み続けてきたという慶びと

自身への労いや慈しみ

感謝というエネルギーがプラスされ

より愛しくかんじられる事でしょう

 

私自身の人生も同様に

誤りや紆余曲折あって

私だけのオリジナル模様を作り上げるのでしょう

 

ここまで生き続けてきたという慶びと

自身への労いや慈しみ

感謝というエネルギーがプラスされ

より愛しくかんじられる

そんな私でありたいものです

 

循環 ❀ 余白を作る事から ❀

f:id:nakatakaori:20221114215909j:image

太陽が似合う猫

 

彼女はご飯の時

それまでに運子さんが出ていないと

あまり食べません

 

出ていないけど

食べたい氣持ちがある時には

運子highになって

部屋中を駆け回り

そして

トイレに駆け込んで用を足します

 

そうしてスッキリと運子さんを出してから

ゆっくりご飯を楽しむのです

 

稀に

 

食べたい氣持ちの方が勝り過ぎて

運子さんが出ていないのに

ガッついて食べてしまう事がありますが

そんな時は必ず

少し時間が経ってから吐き戻してしまいます

 

そしてその後に

必ず運子さんをするんです

 

 

そんな彼女の様子を観ていると

出してから入れる

が自然と出来ているんだなぁとかんじます

それが自然な在り方なんだなぁと

 

手放してこそ

新しいものを取り入れる事が出来る

 

それは

食べる物だけではなく

感情や思考

ヒト モノ コト

全てに当てはまる事で

役割を終えた物は

手放さなくては新らたな物は巡って来ない

巡って来たとしても

自分が受入れられず吐き戻してしまうんです

 

なので

今の自分がどういう状態

状況であるのかを知って

そこから不要な物を

しっかりと手放し

解放する事がとても大切なんです

 

そうする事で循環が生まれ

新しい事や望んだ事が

どんどん巡って来るのでしょう

 

私達はそれぞれ

この世界にある「流れ」の一部

その流れが滞る事なく

順調に流れるよう

循環させておく必要があります

 

滞りがあると

人生に不具合が起こりやすくなります

 

つまり

 

人生に不具合が起こっている時というのは

自分自身の循環に滞りがあるというメッセージ

 

そんな時は

何処に滞りがあるのかを

よく観て 知って

手放せるよう努めるのが先決です

 

手放してこそ

次の流れが入って来る事になります

 

循環を止めない

流れに乗る

不要な物 ヒト モノ コトを手放す

 

そこにしっかりと

フォーカスしておきたいですね

 

 

 

 

巡り巡る ✾ 法事に想う


f:id:nakatakaori:20221023163949j:image

 

今日は祖父の33回忌と大叔母7回忌の法事で
久しぶりに親戚一同が集まりました

 

一同ではないな
一部でした

 

私はご住職のお説法を聴くのが好きです

 

確か中学生頃の事
祖父の法事の時に
先代のご住職がお話しくださった内容が
とても深く心に残っておりまして
セッションの時にも時折お伝えする程に
大切にしているお話があります

 

法事の度に
その時の風景が思い出され
改めて深く噛み締めるのです

 

なので法事の時は
今日はどんなお話がされるのかな
と楽しみにして参列しております

 


さて
今日の法事では不思議な事がありました

 

お経をあげるご住職の声というかエネルギーが
まるで先代のようだったんです

 

あれ?
今 来てるのかな?
とかんじておりました

 


読経を終えて
お楽しみのお説法の時間

 

ですが先程の事が氣になり
お説法をお話いただいている際に心の中で
こんなお願いをしてみました

 


「先程の読経の時に
先代が一緒に読まれていましたか?
もしそうであれば
お仏壇のロウソクの炎を揺らしてください」

 


するとなんと
ロウソクの炎が揺れ…

 


ませんでした(笑)

揺れなかったんですねぇ

 


なので
あら 違うのか

と思った矢先

 


突如として

お説法の内容が先代のお話になりました

 

それは
先代が良く現住職に話していた内容で

 

「お経を読ませていただく時には
我が身だけではなく
いつもご先祖様が側に付いて
一緒に読んでくださっている
いつも近くで見守って助けてくださっている
そうかんじるんだよ
有難い事になぁ
ナンマンダブ ナンマンダブ…

といつも言うてましたわ」

 

というお話

 

なるほど
これが回答ですね
やっぱり一緒にいらしたんだ

 

と納得いたしました
面白いですね
お答えくださり有難い事です

 

 

 


親戚 従兄弟
集まった者皆高齢で


私達がかつての親の年齢となり
親達はかつての祖父母の年齢となっています

 

 

お兄ちゃんと慕っていた従兄弟も
聞けばもう定年(前倒しだけど)だったり

 

両親や伯父(叔父)伯母(叔母)など
かつて強く逞しく見えていた先人達も
今は身体も弱く小さくなっていて


いずれあの世へ招かれて
この世の扉を閉める日がやってくる
それは然程遠くない未来にかんじられました

 


諸行無常

 


宇宙の理の通りに
全ては巡り
移り変わるんだなぁと

 

改めて
こうして逢える事の慶びと感謝
今日の 今この瞬間の命に感謝の想いが募りました

 

 

「仏さんというのは
命を以て
遺された我々に
多くの学びを与えてくださる
尊い命と引換えても尚
我々に与えてくださるんです
有難い事なんです
有難い事なんですよ」

 

 


秋晴れの心地良い季節
親戚の町内でも
法事の最中秋祭りが行われており
神輿やふとん太鼓が集結し
掛け声や太鼓の音で賑わっておりました

 

人の氣を寄せ
土地の氣を上げるのがお祭り

 

土地の氣を上げる事で
住まう者たちから
災いを遠避ける先人達の愛の一つです

 

そこにもまた
様々な命から与えられた
大きな学びや慶びが
溢れていたのでした

 


ご先祖様にご挨拶の機会をいただき
お説法も楽しませていただき
お下がりも沢山いただいて(やったー)
嬉しいおめでたいお話もあり
とても満たされる時間でした

 

大人になったなぁ
生きるって
本当に素晴らしい事ですね
嬉しい事ですね

 

 

 

食の安全を守る人々✾山田正彦氏講演会


f:id:nakatakaori:20221010123810j:image

2022年10月9日

西宮市の市民交流センターで行われた

任意団体「みやぱく」さん主催の

「食の安全を守る人々」上映会と

農林水産大臣山田正彦氏講演会に

参加してまいりました

 

みやぱく とは?


f:id:nakatakaori:20221010123822j:image

山田正彦さんは

2010年6月に農林水産大臣に抜擢されるも

TPP反対運動で大臣を辞任し

グローバリゼーションと闘いつつ

種苗法改定に反対する裁判を現在も行っています

(後で追記いたします)

 

 

家庭菜園 里山暮らし 自然農

食に関する関心の高まりが加速している昨今

 

自分たちで自分が食べる分くらい

自給自足出来れば

これから来るかもしれない食糧危機や

フードロス問題

食に関する危険など

そういった事を多少回避出来るだろうと

 

「人としての本当の豊かさ幸せとは」

 

という想いの高い人ほど

農への想いを強くし

実際に行動に移されている方も多いかと思います

 

しかしながら

日本は法治国家

 

農業についても

守らなければならない事があります

氣軽に出来ていたはずの家庭菜園も

少し踏み込むと

下手すると犯罪になる可能性があります

 

法治国家である以上

知らなかったでは済まされない

(刑罰は軽くなるかもしれませんが)

そのためにも多少は

小難しい事も知っておかなくてはなりません

 

 

最初は苗や種を購入して育てる事が多いでしょうが

やがて採種にも興味が出てくるかもしれません

 

その際

登録品種を無断で採種すると

罰せられるのです

 

かつてはそんな事はありませんでした

しかし

種子法が廃止され

種苗法が改定されてしまった事により

それが自由に出来なくなってしまったのです

 

それは個人だけでなく

農家さんも含めた全てが対象

 

農家さんは

毎年手塩にかけて育てた野菜から

選りすぐりの良い苗を見極めて

より良い作物が育つようにと

長年の経験と知恵により

採種されてきました

 

しかしそれが登録品種であった場合

これからはそれが出来なくなります

 

規模にもよりますが

苗や種を購入せねばならず

突然として

毎年コストが数百〜数千万円膨らむという

継続も危うい状況になっているのです

 

日本の農業が危ないのは

こういった側面も影響しているのです

 

いくら安全な野菜を食べたいと思っても

作るのが苦手 出来ない方もいらっしゃいます

そんな方々はプロである農家さんの力を

借りるのが良いでしょう

 

ならば

 

農家の皆様が

締め付けられる事なく農業に取り組めるように

その環境を守るのも一つの支援

自然農に則した在り方だと思います✨

 

なので

闘わなくて良いですし

闘わないでいただきたいのですが

知っておいて欲しい

そう願います

 

 

 

 

種子法廃止 種苗法改定裁判に関しては

私達の生存権を脅かすものとして起こされたもので

10月6日に結審し

来年3月24日に判決が出るのだそう

 

山田正彦さん曰く

裁判長も「種は誰のもの?」をご覧くださり

とても良い手応えのある言葉で結び

閉廷されたと聞きました

 

これからの半年で

どのような判断がなされるかわかりませんが

その行方を見守っていこうと思います✨

 

 

 

 


f:id:nakatakaori:20221010123837j:image

山田正彦さんはこういう方

心土不二HPより

 

農林水産大臣、弁護士。日本ペンクラブ会員。
1942年長崎県五島市生まれ。
早稲田大学法学部卒業後新聞記者を志すが、結核だったことがわかり断念。
司法試験に挑戦し1969年に合格するが法曹の道には進まず、故郷の五島に戻り牧場を開き牛400頭を飼育、豚8000頭を出荷。肉屋を6店舗経営、最後は長崎県庁前に牛丼屋も開いた。


当時農水省は将来の食肉の需要拡大を見込んで大型畜産を奨励していたが、オイルショックによって倒産。山田は弁護士の資格を持っていたため弁護士業務に専念できたが、大型畜産をやっていた仲間が2人自殺…大変なショックを受ける。

 

農業における大規模化合理化は間違いじゃないか。
かつてのように循環型で小さな農家が多様な作物を作っていくことこそが農業・食の安全保障の最も肝要なことではないか?そう考え国政を目指しました。

 

4度目の挑戦で衆議院議員に当選。
2010年6月、農林水産大臣に就任。
EUの小農を大切にした所得補償制度。
アメリカの農業を視察して、農業漁業の戸別所得補償制度を実現した。

 

TPP反対運動で大臣を辞め、今日までグローバリゼーションと闘っている。
そしてTPPや種子法廃止の問題点を明らかにすべく現地調査を行い
、各地で講演や勉強会を行いながら、地方の条例による独自の農業・食料政策を提言している。
併せて現在は種苗法改定に対する反対運動を行う。

 

 

 

 

大地に種を撒く


f:id:nakatakaori:20221009092208j:image

 

今年の4月からパーマカルチャー学び始め

ベランダ菜園を始めて

そこから半年後にはいよいよ

大地に種を撒くに至りました

 

畝を立てて草マルチを敷く

 

言葉にするとそれだけなのに

手間暇がかかる大変な作業です

 

言葉で聞くのと実際にやるのとでは

大違いですね

 

自然農で栽培するので

基本は不耕起なのですけれど

それにしてもなかなかどうして

畝を立てた場所は

草や木が

大地に力強く託さ根を張っていて

さすがに取り除く必要がありました

 

耕すと

色々な幼虫やミミズ

名前もわからない様々な虫達が

沢山出てきます

 

雨上がりでもあるので

水が溜まっている場所では

小さなカエルになったばかりの子たちが

逃げろ〜と言わんばかりに

一斉にジャンプして逃げ出したり

とても賑やかでした

 

ほんの数分だけでも

生物多様性を垣間見れる

自然ってすごいです

 


f:id:nakatakaori:20221009093106j:image

 

ひと仕事終えた後は

心地良い疲労感に包まれ

夜は本当に深い眠りに就きました

 

翌日はそれなりの筋肉痛や疲労感を感じつつも

その感覚が

現実世界の雑踏から程よく

心との距離を取ってくれているようです

 

自然である事は

とても大きな喜びなのだなとかんじます

 

人が草を刈り

土を耕し

どんなに手を加えたとしても

3ヶ月もすれば

何事も無かったかのように

一帯が草木で覆われる程に

自然の治癒力は強いのですから

その自然の強さを

自然に触れる事で

私達の中にも宿し

蓄える事が出来るようにかんじます

 

 

 

 

 

 

小さな喜びに氣付く


f:id:nakatakaori:20221001080951j:image

先日の台風で

花の蕾が全部落ちてしまって

もう枯れるかと思っていたら

復活の開花を見せてくれたししとう

 



f:id:nakatakaori:20221001081111j:image
他にも沢山蕾を付けています

 

凄いなぁ

素晴らしいなぁと感動いたしました

 

 


f:id:nakatakaori:20221001081159j:image

先日ビーガンカフェでいただいた

ブルーベリーのレアチーズケーキが

とっても美味しくて幸せでした

 



f:id:nakatakaori:20221001081408j:image
フライパンで作る

ビーガンかぼちゃの蒸しパンが

とても美味しく仕上がりました

 

 


f:id:nakatakaori:20221001081458j:image

虫が苦手な方には恐縮ですが

背中にハートの模様がある虫がいました

てんとう虫🐞かと思ったけど違うみたい

カミキリムシの仲間でしょうか

 

 


f:id:nakatakaori:20221001081624j:image

夜の帰り道

ぽっと心が温かくなる言葉が目に留まりました

時々こうして

温かい言葉を掲示されているお店

灯りもないのに光って見えました

 

 

 

世の中には

美しい景色が沢山あります

何氣なく過ぎて

見落としてしまう事が多いですが

もっとその美しさに目を向けてみましょう

 

小さな喜びを見つけるプロになれば

それだけで

自分が住む世界は

かなり変わります

 

 

意図的に

フォーカスする世界を変えていきましょう

 

 

 

 

 

深まる秋


f:id:nakatakaori:20220930080801j:image

先日

焼き芋の季節が来たね

と話をしていて

心はすっかり焼き芋モード

 

少し冷え込んだ日に食べたくなり

魚焼きグリルで焼きました

 

ほくほく温かな

美味しい幸せのお味がしました

 


f:id:nakatakaori:20220930080819j:image

 

お買い物に行っても

秋の味覚が溢れていて

実りの秋を実感します

 

並んでいるお野菜を見ていても

心ときめきますよね

 

細やかな事から

大きな豊かさを味わえる

素敵な季節だなと

改めてかんじました

 

さぁ

天高く肥ゆる秋を満喫いたしましょうか