日常に溢れるメッセージ

日常に溢れる様々なメッセージを綴ります

私の梅干し

f:id:nakatakaori:20210620150100j:image

 

 

今年も梅干しの季節がやってきました✨

梅干しは

本当に素晴らしい保存食

 

このジトジトとした蒸し暑い梅雨時期と

その後に控えた夏本番

焼き付けるような灼熱の太陽

 

そんな暑さを乗り切るために

この時期に旬を迎え

漬け時が用意されている

これはもう

天の完璧な采配としか思えない巡りです

 

程よい塩分と酸味

海のお塩で陽を強くし

太陽の光を浴びて更に陽を極め

血の巡りと体力の回復

不足したエネルギーをサポートする

恵みの一粒は

この季節に最適な神の栄養食です

 

夏にいただく梅干しおむすびにおいては

もうその美味しさに自然と涙する事でしょう

 

 

そんな神の食べ物梅干し

 

 

実は梅干し歴10年の私

見よう見まねから始まった梅干し作りでしたが

時にはカビが発生したり

塩が多くて辛すぎたり

試行錯誤しながら辿り着いた

私が好きな塩分量とか

正に良い塩梅を得て今日に至ります

 

私的に良い節目なので

今回は私の梅干しの作り方をここに書いてみようと思います

どなたかのご参考になりましたら幸いです💕

 

自分で作れば美味しさ一入

食べる事 生きる事に

より想いも高まる向き合いとなりますでしょう✨

 

 

✾私の梅干しの作り方✾

 

家庭で作る梅干しの塩分は15%が一般的です

これくらいの塩分濃度が

1番カビにくくて作りやすいからなのですが

これでは私には辛すぎました

 

何年もかけて調整した結果

私のベストは11%の塩分濃度

 

この量でカビさせないようにするには

いかに早く梅酢を上げるかが決め手となります✨

 

そして

肝心要の梅は

アートテンを取り入れた無農薬栽培の

和歌山の南高梅です✨

一粒一粒がぷっくり張りがあって

とっても美しい✨

梅酢もたっぷり上がってきてくれます💖

出来た梅干しも調和が取れていて

とても美味しいですよ✨

 

 

それではまいりましょう💖

 

 

【材料】

・梅干し 5kg

・塩  洗ってヘタを取った梅干しの重量の11%

  海塩で、出来るだけ天日干し塩または、天日・釜焚き(平釜)製法のものを

ホワイトリカーまたは焼酎(アルコール度数35度以上のもの。)

・赤紫蘇  2束(梅酢が完全に上がってから用意すれば大丈夫)

・塩 適量(赤紫蘇の塩もみ用。100gもあれば良いかしら?←修正するかも)

 

【用意するもの】

・果実酒瓶

ジップロック Lサイズ 複数枚

・キッチンペーパーやタオルなど水分を取るもの

・ボウルやタライなど梅を洗うためのもの

・竹串

 

 

【下準備】

 

果実酒瓶はキレイに洗って

完全に乾燥させます

 

熱湯消毒が出来るならやって

乾燥機にかけられるならかけて

熱による消毒が出来ると良いですね

 

梅を実際に漬ける直前に

ホワイトリカーや焼酎など

アルコール度数が35度以上の糖度の低いお酒を

便の中に適量入れて

蓋を閉めてから瓶の中全体にアルコールが行き渡るよう

瓶を持ち上げてクルクル回しながら消毒します

 

※お酒に弱い方は

アルコールの香りでウッとくる事もあるので

お氣を付けくださいませ

 

瓶の内壁から

蓋の裏まで

全部アルコールで濡らします

 

落とさないように氣を付けてくださいね

そして

蓋の隙間からアルコールが滲み出てくる事もあるので

こちらもご注意くださいませ

 

全体にアルコールが行き渡ったら

余計なアルコールは捨てましょう

多少 瓶の中に残っても問題ありません

 

 

続いて梅の処理です

 

梅を優しく丁寧に水洗いし、

キッチンペーパーや布巾、タオルなどで

水分をしっかりと拭き取ります。

 

水分が残るとカビの原因になりますので、

しっかりと拭き取ってください。

 

拭き取ったらヘタ取りです。

    
f:id:nakatakaori:20210620152140j:image

計りにボウルをセットして、

ヘタが取れた梅を入れていくようにします。

量が多いので、小分けにして総重量を計ります。

 

ヘタは、

竹串などでコリコリっと取りましょう。

誤って竹串を実に突き刺したり、

傷つけないように氣を付けてくださいね。

果肉が溢れたり傷があると、

それもカビの原因になります。

大きく傷つけてしまったら、

その梅は取り除きます。

梅ジャムなど、他の用途で使いましょう。

 


f:id:nakatakaori:20210620152156j:image

これが


f:id:nakatakaori:20210620152209j:image

こうなる。

 

 

 

【漬け込み】

 

ヘタが全部取れたらいよいよ漬け込みです。

 

ここで梅を消毒したい方は

ホワイトリカーや焼酎などのアルコールにくぐらせます

くぐらせたらそのまま(濡れたまま)瓶に入れて大丈夫です

 

この消毒は絶対ではないので

しなくても大丈夫です

 

※お酒に弱い方はアルコールの香りにご注意を!

 

 

梅の重さを計り、

その重さの11%の量の塩を用意します。

 

今回の梅の総重量は4,849gでしたので、

お塩はその11%分の533g用意しました。

 

 


f:id:nakatakaori:20210620152225j:image

梅、塩と、交互に瓶に入れながら、

最後は一旦蓋を締めて、

瓶の底と蓋部分を持ちながら

瓶ごとグワングワンとダイナミックに回し、

全体に塩を行き届かせます。

 

かなり重いので、

落としたり手首を痛めたりしないように注意しましょう。

 

今回は、

瓶に入りきらなかった分は、

ジップロックで漬けてみる事にしました。

これに関しては初挑戦です。

 

ジップロック

梅と塩を入れたら揉み込むように全体に馴染ませます。

 


f:id:nakatakaori:20210620152241j:image

全体に塩が行き届いたら、

重し用に用意した別のジップロックを2枚用意。

そのうちの1枚に、

袋の半分くらいまで水を入れて口を閉じ、

水漏れ防止策として、

もう一枚のジップロックに入れて二枚重ねにして口を閉じます。

 

それを、

梅の上に出来るだけ上部全面に広がるように押入れます。

外側のジップロックの口を締める前に

袋の中に手を入れて

梅の上面全体にジップロックが触れるようグッグッと

押し広げるように入れます。

そうすると、重しの水は形を自在に変えて、

自然と全体に広がって均一に圧をかけてくれます。

万能な重しです。

 

入れたては瓶の上の方まで梅がパンパンで、

重しも収まりきらずに飛び出してしまいますが、

梅酢があがれば収まりますので大丈夫です。

とはいえこれでは蓋を閉められませんので、

ゴミなどが混入しないように

応急処置としてビニールを被せて口を塞ぎます。

見た目なんて氣にしない。

 

ジップロックに漬け込んだ方も、

最初は口を閉じた状態でお皿を置いて重しにしていたのですが、

後で二枚重ねジップロックのお水の重しに変えました。

そうするとこちらも口が閉まらなかったので

応急処置としてビニールを被せて口を塞ぎました。

 

ここまでで、漬け作業は終了です。

後は梅酢が上がってくるのをひたすら待ちます。

 

 

❀ワンポイントアドバイス

重しに使用するフリーザーバックは、

旭化成さんのジップロックを使用される事をオススメします。

なので敢えてジップロックと商品名で書いております。

 

最近は他のメーカーで、

例えば家具雑貨店やホームセンターオリジナルで、

絵柄のついた可愛いフリーザーバックが沢山ありますが、

不良品も少なからずあるんですよね。

接合部分から裂けたりとかね。

そうすると重しの水が漏れてしまう恐れがあります。

水が混じるとカビの原因になります。

ですのでこれらの使用は避けるのが無難です。

 

とはいえジップロックでも不安だな…という方は、

果実酒瓶の口から入れられる

果実酒瓶用の重しもありますので、

こちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

✾経過✾

 

漬けて2日目の朝の状態です。 
f:id:nakatakaori:20210620152259j:image

梅酢が上がってきて、

重しも中に収められるようになり、

無事に蓋も閉まりました。

 


f:id:nakatakaori:20210620152317j:image

しっかりと梅酢が上がってきています。

写真はありませんが、

1日目は、

2段目くらいまで梅酢が上がってきていました。

1日2段のペースですね。

 

 

4日目の朝の状態です。


f:id:nakatakaori:20210621200117j:image

 

かなり梅酢が上がってきています。

あと一息といったところです。

 

ジップロックの方は、

完全に梅酢が上がり、

梅が全てすっぽりと梅酢に漬かりました。 

ここまで来たらカビの心配はなくなります。

後は塩が全て溶けるのを待ちます。

 

この辺で、赤紫蘇を用意しましょう。

 

 

今回はここまで。

次回は、赤紫蘇を漬け込むところを書きたいと思います。

 

赤紫蘇買って来なくっちゃ。

 

 

 

 

 

 

時が満ちる

f:id:nakatakaori:20210617080914j:image

 

今年も梅干しを漬けます

 

4日前に届いたアートテン栽培の南高梅

追熟を経て

いよいよその時を迎えました

 

後ほんの少し

1日くらいなら追熟しても大丈夫ですが

それ以上になりますと

梅酢が上がりにくくなってしまいます

 

時が満ちたそのタイミングを掴んだら

直ぐ行動する事で

最高のエネルギーが宿るのでしょう

 

見逃さないようにしっかりと観る

 

梅も

私も

 

 

この時を✨

 

 

梅干し楽しみ✨

 

 

 

 

 

意外な喜び

f:id:nakatakaori:20210613132252j:image

 

可愛い口元にメロメロ✨

 

 

私って

どういう事に喜びをかんじるのか

実はそんなに知らないでいました

 

受け取りベタでしたし

私なんて教だったので

自分の喜びに関して疎かったのです

 

しかし

自分で生計を立てるようになってから

あ!私コレにすっごい喜びと

幸せをかんじてる!

と思う事があります

 

それは

 

お米を購入する事✨

お米のストックですね

 

食材のお買い物をして

冷蔵庫を満たすのもそれに近いのですが

お米はそれ以上のものがあります

 

 

食べるものがある

生きられる

という安心

 

生きよ

という応援

 

そんなものを

お米からかんじている氣がします

 

それに氣付いた時は本当に驚きました

こういう所に喜びをかんじるんだ私はと

 

生きるという事に直結するパワーが

お米にはあるのでしょう

日本人の主食ですから

昔からずっと

私達の命を繋いで来てくれたパワーフードですものね

 

まぁコレは

何でだろう何でだろうと

後から考えて出てきた想いですけどね

 

その時は

わーい❣お米💖好き💖嬉しい💖

それだけです

 

暑くなってきたので

梅干しおむすびが美味しい季節

ワクワクします

 

今年も梅干しを漬けるつもりで購入し

今日届く予定

お米と同じくらい

梅が届くと幸せをかんじます

 

生きる事って

それだけで喜びなのですね

 

 

 

その違和感 〜自分の感覚を再認識〜

f:id:nakatakaori:20210612135455j:image

米びつの上に乗ってご満悦なリリーさん

扉を開けた瞬間に見えたこの空間に

ココだ!

と思ったんでしょうね

いつも笑わせてくれる愛しいこです✨

 

 

 

先日

お食事を終えて食器を洗っていた時に

ふっと降りてきました

 

 

人は

自分の感覚を奪われる事が1番のストレスとなり

自分らしさを見失って

間違った選択をしてしまいやすくなる

何よりも

自分が感じている事を

誰よりも強く感じたいと望んでいる

 

 

という事です

 

こちらのブログをご覧になるような方なら

誰もが知っているだろう事だとは思いますし

私も知ってはおりましたが

 

「こういう事なんだ」

 

とやっと実体験で腑に落ちた

そんな氣がいたします

知っていただけの事が

自分の真実に変わりました

 

 

そのきっかけとなる出来事はいくつかありまして

 

例えば

 

私は数カ月前から

ずっとやりたいと思っていたネイルをしていました

3〜4週間に一度サロンに通い

その時の氣分や季節に合わせて

色々なデザインに彩っていただき

美しくなった指先に心躍る毎日だったのですが

 

ネイルをする事で

いくつかのストレスを味わう事になります

 

一つ目は

「爪先の感覚が伝わって来ない」

という事

 

ネイルをして改めて

爪は感覚器官なんだと知りました

 

そして私は

その爪から伝わる感覚を

無意識にとても頼りにしていたと氣付いたのです

 

例えば

食器を洗ったりお掃除をする時など

指先で汚れの感覚を確かめたいために

手袋をせずに行うのですが

ネイルをする事で厚くなった爪では

先ずネイルが当たって自爪はその物に触れないので

感覚が伝わらずストレスに…

 

他には

薄い爪の人は

ネイルをすると厚みが出るから良いと聞いていたけれど

自爪自体は

ネイルの乗りを良くするために削るので

実は爪先はどんどん薄くなっているんです

 

なので爪が伸びてくると

私の場合ですが

爪先が外部の圧に負けて曲げられてしまうんです

 

ネイルをしていなかった頃なら

爪先の一部だけがグインと曲がる程度だったのが

ネイルをした事で

ネイルが接着している範囲全体で押し曲げられるため

かなりの痛みと不快感を感じる事になりました

どんなに厚塗りしても

ベースとなる爪が薄いと支えきれないんだと知りました

それがまたストレスに…

 

 

また他には

今 少ししんどいと感じる環境にあるのですが

自分らしさを全く出せておらず

周りからの影響が大きくて

自分の感覚もしっかりと発揮できない

感覚を奪われている感覚があるのです

 

やっている事ややっている内容ではなく

自分の感覚を奪われている事に

大きなストレスを感じていました

 

そんな事が

食器を洗いながら降りてきた先の言葉によって

ここ最近の様々な点と点を光の速さで結んでいき

なるほど!と思ったのです

 

また

過去にも同じようにかんじていた事が

これによりクリアになりました

 

私は

私が感じたようにやりたい

ミーハーでも失敗しても続かなくても

感じた事を面白がってやりたい

ただそれだけなんだなと

 

HSPという言葉が最近出てきましたが

繊細な人は繊細過ぎるが故に

周りの事を氣にし過ぎる傾向があって

自分が感じたようにやるというのは

かなりハードルが高いんです

勇氣がいる事なんです

更に腑に落ちるにも

人それぞれにタイミングがあって

今じゃないという時には

なかなか咀嚼できないものです

 

そういった事も相まって

遠回りに見えるような道を進んでしまったとしても

その回り道の中での色々な体験を通して

自分で自分のタイミングを整える事となり

ようやくそれを受け取る事ができるようになるのでしょうね

 

 

イヤだなぁと思う体験の数々は

不快を味わう事で快を知り

奪われる事で守りたいものを知るため

だったのでしょう

 

大切なのは

自分が何を望んでいて

何処を目指すのかという光を見つめる事

 

どんな道でも何を選んでも

そこには必ず行けるから

自分に問い

自分を知る事なのですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巡る想い


f:id:nakatakaori:20210506080927j:image

 

もうすぐ梅干しの季節ですね

梅雨時期は憂鬱になりがちですが

梅干しのお陰様で

楽しみな季節へと変わりました

 

私は

梅干しを漬けるようになって

もう8〜10年程になります

食に対して漠然とした

「ちゃんとしたい」

という想いがあって始めたのがきっかけですが

今は

自分で漬けた梅干しが一番美味しいと

かんじています

 

今年も楽しみです

 

 

さて

食はこだわると

色々とシンプルになりますね

 

先の梅干しは

漬ける 干すなどの

時間を要する工程はありますが

梅に塩をまぶすだけのシンプルな味付けのものです

 

他の食材も実はシンプルが一番美味しい

 

私に食の素晴らしさ

楽しさを教えてくださった方々は

 

グリルした野菜に塩

オリーブオイルと塩

 

など

巡り巡って

とってもシンプルな味付けに行き着いており

素材の美味しさを味わえる感動を

私にも教えてくださいました

 

 

そんな話を

先日訪れたネイルサロンで

ネイリストの方とお話していたんです

 

素材そのものを味わえる調理法で

その美味しさを知ると

どんなお野菜を選ぶかの意識が変わりますし

調味料も自然に近いものを選ぼうと

こだわるようにもなって

これだけ聞くとコストがかかりそうですが

トータルでみると

実はそんなにコストも嵩まず

美味しくて幸せで

自然の恵み

恩恵を受けているんだなぁと実感します

 

オススメですよ〜

なんて

 

すると

その次に訪れた時に

前回お話した事を受けて

その日のうちに実践されたんだそうです

 

すぐにこだわりのお野菜を手に入れるのは難しいので

いつものスーパーで購入したアスパラガスではありますが

それを

ただシンプルにグリルして

塩を振るだけのシンプルな味付けで

お子様に出してみたそうです

 

すると

お子様は美味しい美味しいと言って

ガッつくようにペロリと平らげたそうです

ビックリしたと仰ってました

 

例えいつものスーパーのものであっても

その食材に手を入れる方の想いで

味もエネルギーも変わりますから

ネイリストさんの母の愛というスパイスも相まって

相当美味しかったんでしょうね

 

そのお話を聞いた時

まさか実践されるとは思ってもみなかったので

何年もの時を経て

食の素晴らしさを唱えていらした方々の想いが

こうして繋がり

広がっていく

巡り巡っていく事を実感し

とても嬉しくかんじました

 

想いの伝搬は

速効性がかんじられなかったとしても

真に伝えられているのならば

大きく緩やかな波に乗って

必ず広がっていくものなのですね

 

そして

自分の手の及ばないところでも

色々な方々の想いを添えて

子供や家族

友達や周りの人のみならず

見ず知らずのどこか遠い方々へと

どんどんと巡らされていくのでしょう

 

 

本当に素晴らしい事ですね✾

 

 

 

 

見えなくても わかりづらくても 在るという事


f:id:nakatakaori:20210407125659j:image

 

言われなければわからない程に

細く繊細なお昼間のお月さま

 

もうすぐ新月を迎えます

新たに始まるエネルギーと

春のエネルギーとプラスして

大きな後押しとなりそうな予感です

 

 

何もないと思っても

目には全く見えなくても

わかりづらくても

それは必ずそこに在るという事を

このお月さまは

その様で以て教えてくれているかのようです

 

そして

巡り巡って

やがて

まぁるく まぁるく

満たされていくのですね

 


f:id:nakatakaori:20210407130108j:image

 

見つけられましたか?

 

 

 

掴んでいるもの

f:id:nakatakaori:20210331163836j:image

 

 

日々の生活

嬉しい事

辛い事

様々な経験の中で

 

「あ…」

 

と氣付く何かが

心の奥深くでポッと生まれる事がある

 

だけどそれは

なかなか言葉に置き換えられなくて

ただ自分の中にあるという

広がるような感覚として存在する

 

だけど自分は

何かが腑に落ち

何かを理解したと知っている

確かにあると

 

そんな

言葉に置き換えられない何かはまるで

手ですくったお水のようなもので

移し替えられる器を探しているような

そんなかんじ

 

器を見つけるまでの間というのは

自分の中で咀嚼して

自分と馴染ませる

融合させるための時間で

その時々の自身の段階によって

融合出来る度合いは異なり

ある時はほんのちょっとしか

融合されないかもしれない

 

だけどそれも

繰り返し繰り返し経験する事で

太く確かなものに変わっていく

何度も実践する事で

より浸透していく

 

だから

自分の中で何かが生まれたという感覚を

しっかりと受け止めて信頼しよう

きっといつか

私はそれを掴んでいると

胸を張って言えるはずだから