トイレは大事2

f:id:nakatakaori:20170821151336p:image

 

 

トイレは大事 - nakatakaori’s blog

 

熱中症対策に自分の身体の状態を知るには、

尿の色を見るといいと書いたのですが、

便さんも優秀なのでそれも書いてみようと思います。

 

※どちらの話も、

自分の実体験と聴いた話に基づくものです。

医学的根拠は保障出来ませんのでご了承ください。

 

 

思考は腸が創る、

という言葉を聞いた事がありますか?

 

腸は第2の脳と言われていて、

脳に感情のサインを送るのだそうです。

 

詳しくはこちらをご参照ください。

腸は第2の脳。腸に関する10の豆知識 : カラパイア

 

 

難しい事はわかりませんが、

直感的にそうだろうなぁとかんじます。

 

個人的な経験なのですが、

便さんがスポン!と気持ち良く出た時というのは、脳天がパァッと開いたような感覚になります。

昇天とも言えるでしょうか。

本当になんとも言えない幸せな気分になり、何でも出来そうな前向きなエネルギーに溢れます。

 

逆に、便秘気味な時というのは、気持ちが塞ぎがちになったり、気力がわかなかったりします。

 

何かに悶々と悩んでいる時も、便さんは出なくなったりします。

 

面白い事に、その悶々と悩んでいた事が

「そうか!」

と解決すると、お腹がゴロゴロ鳴りだして、便さんがスポンッと出て来てくれるのです。

まるで、悶々とした重苦しいエネルギーを代わりに排出してくれるかのよう。

なんて素晴らしいのでしょう。

 

 

心と身体は繋がっていて、

そうやっていつも全力で調整してくれてるんです。

 

逆に言うと、

身体の調子をいつも万全に整えていれば、ネガティブな思考にはならないのかもしれません。

 

詳しくは書きませんが、

私も食生活の変化によって、エネルギーバランスが大きく崩れてしまった経験があります。

現実世界に囚われて、身体の声に耳を傾けるのを忘れないようにしたいですね。

いつだって身体は、私の味方なのですから。