トイレは大事

f:id:nakatakaori:20170821095518j:image

 

暑い日が続きます。

何もせずジッとしていても、

気が付けばかなりの汗をかいていますね。

 

そうなると気になるのが熱中症

室内にいても、

気付かない内に身体の水分が奪われ、

脱水症状が出てしまいます。

 

私も度々、

室内に居ながらにして脱水症状が出てしまいました。

頭が割れそうな程激しい頭痛に襲われるのです。

 

何故こうなるまで気付かないのか。

 

何かの作業に没頭していたり、

集中していると見落としやすいのですが、

徐々に水分が奪われる時って、

お手洗いの回数も減ります。

 

尿って、

身体の中の水分量のバロメーターになります。

 

放尿したあと、

ご自身の尿の色をちゃんと見てますか?

 

正常な尿は透明な薄い黄色をしています。

しかし脱水症状に近い時の尿の色は、

とっても濃い山吹色。

濃い黄色の暗いかんじ。

驚く程の色の違いがあります。

 

なので、

トイレに行って、

少し尿の色が濃くなってきたなと思ったら、

水分が不足しつつあるという事なので、

意識して水分を摂取するようにすれば、

熱中症は防げるのだと思います。

 

それが暑さでトイレの回数が減ると、

ましてや集中し過ぎると、

気付くのが遅れてしまって熱中症になるのでしょう。

 

なのでトイレってとても大事。

 

しかし、

色付きのお水が流れる薬剤がありますが、

あれには困ったものです。

その確認が出来ませんので。

 

なるべくなら、

色付きのお水は控えた方が良いのではないかな?と

個人的に思います。

 

 

これからまた暑さが戻るそうです。

熱中症対策をしっかりして、

秋を迎える準備をしましょう。