最初に心を軽くしてくれた事

f:id:nakatakaori:20180404115447j:image

ハナズオウ」というお花だそう。

キレイだったよ。

 

 

 

私が、

「今を生きる」

「本当の自分に還る」

と心に決めてから様々な変化を体験してきた。

 

その中でも、

最初に自分の心を軽くしてくれたのは、

 

今、私がそれをやっていないという事は、

「それは私にとって必要ではなかった」

と気付いた事だった。

 

 

「あれ?問題なくない?私が勝手に、

責められたらどうしようとか、

ちゃんとやらない人と思われたらどうしようとか、

ビクビク怯えてるだけじゃない?」

 

 

そんな事をふと思ったのを覚えている。

 

 

 

実際、全く気持ちが進まず、

やらずに放置してしまっていた諸々の事、

結果何も進まず立ち消えになっていたりする。

 

相手も本気じゃなかったり、

もっと良いアイデアが閃いたり、

方向転換しなくてはいけないからやらなくて良かった!

という事も沢山あった。

 

さらに掘り下げるとこれらの事は大概、

最初に些細な違和感を感じている事にも気付く。

それを無視して行動してしまうから、

「放置」という無責任を生み出してしまっていたのだと「わかった」。

 

逆に、
必要な事は意識せずともスムーズに事が進み、
思考や心に抵抗を感じない事にも気付く。

 

そう感じた時に、

頭や心や身体が一気に軽くなっていったのを覚えている。

解放とはこの事か、と。

 

 

実にシンプルでわかりやすい。

 

わかりやすいのに、

あまりに些細過ぎて気付きにくい。

それが難点だ。

 

自分の心の動き、

自分が望む目的、

自分の本質など、

「自分」というのもを理解していなければ、

その些細な違和感を感じ取れない。

自分軸が無ければわからないものだから。

 

だけど、

自分軸の大切さを再認識する事が出来たので、

そこからは腹を括って実践するしかない。

 

一つ一つの出来事は学びで、

その経験から「最初の些細な違和感」を感じる訓練を、

ひたすらに繰り返し実践し続ける事で、

大きく軽減出来たと思う。

 

怖かったり苦しかったりもあったけれど、

自分の意志で行動していたので、

耐え抜く事、忍耐が出来たと思う。

 

人からやらされるよりも、

自分でやる方が頑張れるものだ。

 

 

それでも、

なかなか完璧にするのは難しいところで、

違和感を感じていたのに行動してしまった時には、

それを素直に認めて、

キチンと終止符を打つように心掛けている。

 

決して、

やってしまった事を否定するような事はしない。

間違える事も含めて「完璧」なのが私たちだから。

 

「あ、あの時のあれが「違和感」だったのか。

気付けなくてごめん。」

そう認めて手放す方向へ向かう。

 

直ぐに気付くものもあれば、

数年かかって気付いたものもある。

それにより、これから手放す予定のものもある。

 

気付いて対処すれば良い。

そんな自分を信じてあげれば良い。

 

残念ながら、
もう既に自分の手に及ばないものもある。

 

その場合は、

自分の心で認め、

これからの選択をどうするかに心を定める。

 

私の未熟故に、

あのような行動をしてしまってごめんなさい。

これからは、自分の心に従って、

キチンと選択していきます。と。

 

エネルギーでは繋がっているからね。

 

 

そして、

お互いが気持ち良い状態で居られるよう、

今後、立ち回りや言動を意識できるよう努める。

そうだとわかった瞬間から、

全ての言動は自分の「選択」に変わるから。

 

何を選択するのが自分が目指す姿に相応しいか、

しっかり見定める事も自分への愛だ。

 

 

 

 

たった一つの気付きから、

芋づる式のように様々な気付きが湧き出てくる。

 

沢山の火を灯すには、

たった一つの小さな火から始まるんだ。

 

 

私たちの人生は、

「今この瞬間の選択」の繰り返しでしかない。

何を選択するか、いつでも最善を選ぶように心掛けるしかない。

(今までもそうして来た)

 

 

その選択によって、

自分が抱えるべきものを極限に減らして行ける。

全ては自分が創造しているのだから。

 

最初は多少の痛みを伴うかもしれないけれど、

筋トレで例えるなら、

使わなかった筋肉を使い始めた時の痛みと同じ。

鍛えられた時に必ず消えるものだから、

ほんの少しだけ忍耐。

 

私は越えられる。

 

信頼、愛を自分にたっぷりと注ぎながらね。