想像力と妄想力の大切さ

f:id:nakatakaori:20181216234810j:image

 

 

社会に揉まれていると

どうして「自分」という存在の輪郭が

その境目がボヤけてしまいがち

 

働く事には大切な意味があるので

その活動そのものはある意味で良いのだけれど

 

仕事から離れたなら

自分一人の空間

場所へ帰ったのなら

 

仕事を持ち込まず

自分を解放するのが重要になる

 

 

大好きなお茶を飲むとか

食べたいものを食べるとか

自分を幸せにする行動をする事も1つ

 

それ以外で役立つのが

想像力と妄想力だと思う

 

 

目を閉じて

瞼のスクリーンに映像を映す

 

制限などをとっぱらい

まるで夢のような物語を描く

 

ワクワクするような展開を

自由に構成し

まるで自分が本当にその中にいるかのように

筋肉の強張りや緩み

かから圧力や風や匂い

あらゆるものをリアルに想像して

映画のように楽しむ

 

イメージの自分が身体を動かしているのなら

本当に身体を動かしているように意識すると

それは本当に経験した事になる

 

肉体を離れて

魂だけが

エネルギー体だけが活動するようなものだから

 

「私」とは

この肉体の事ではなく

「魂」を指す

 

こうして

想像や妄想で楽しむ事は

「魂」の解放に繋がる

 

 

私は思う

 

 

人によっては

想像したり妄想したりが難しい方もあるらしい

 

目を閉じても真っ暗

あるいは

血管の色が瞼に透けて赤っぽく見えるだけ

など

 

どう想像したら良いのか

妄想したら良いのかわからない

という方もあるらしい

 

 

そういう方は

想像する練習が必要になる

 

 

例えば

 

目の前にりんごを置いて

それを眺めてみる

 

どんな形で

どんな色で

どんな匂いで

どんな大きさか

しっかりと観察する

 

観察し終えたら目を閉じて

たった今見たりんごを

頭の中で思い出してみる

 

ハッキリ見えなくても良い

 

映像として出てくるかもしれないし

香りを覚えているかもしれないし

大きさのエネルギー的な塊を感じるかもしれない

 

結果を決めつけず

思い出そうとだけする

 

それに慣れて来たら

りんごを2つ想像してみる

同じりんごを2つ並べる感じで

 

2つが出来たら3つ

3つが出来たら4つ

 

次はりんごの側にいる自分

りんごとペットの犬や猫

 

など

 

見た事のあるものを

どんどん思い出すようにイメージし

慣れたら少しアレンジする

 

 

この繰り返しで

想像力は少しずつ養われていくと思う

 

実践あるのみ

繰り返すのみだ

 

 

 

考え事ばかりの人にはなかなか難しい

 

考えるのを辞めて

想像してみる妄想してみる

 

肩の荷を降ろして

頭を軽くし

心も軽くして

自分自身を解放する

 

毎日

自分自身に還る

 

その違いを観察しながら

いつも自分に気付いている事だ

 

 

想像力と妄想力の大切さ

存分に活用した方が良い

 

個人の見解ですけれどね