自己否定の意味

f:id:nakatakaori:20180620230424j:image

 

 

とある方が言ってました。

 

「今の自分を否定する事から始まる。

今の自分に満足していたらそれで負けだ。

今の自分を否定しなくちゃ。

自分を否定するエネルギーが、次の発展の活力になる。」

 

努力家で大成功している方の言葉です。

なるほど説得力があります。

 

 

確かに正しいです。

正しいのですが、

一般的に言われている「自己否定」とは、

少し意味が違うのです。

 

それに気付かない人が、

言われるがままに行動してしまうと少し危険。。

絶対にと言わないのは、

それで上手くやれる人もいるからです。

 

 

私は、

自己否定には2つの意味があるようにかんじています。

(個人的な見解なので、ご自身がどうかんじるかを大切にして判断してくださいね。)

 

 

一般的に言われている「自己否定」とは、

自分の命そのもの、

生きている価値、存在そのものを否定する事を指します。

 

自信がない、

上手くやれないかもしれない、

これを言うと嫌われるかも、

こうされるのは嫌だけど我慢しなくちゃ、

弱い自分はダメだ、

何の取り柄もない、

皆んなと同じでなくてはいけない、

贅沢してはいけない、

といった自分の命そのものの否定ですね。

 

そんな想いが捻れると、

自己承認欲求が加速してしまい、

怒りの感情として他者を攻撃し始めます。

 

見下されたくない、

あの人より凄い自分でありたい、

何であんな人が、

あの人はバカだ、

成功したって悪い事してるに決まってる、

もっと物を所有したい、

良い車に乗って自慢したい、

高級な時計を着けているから私は凄い、

その為のお金が欲しい、

名誉が欲しい、

あの人には渡したくない、

奪ってやる、

 

そんな怒りの感情です。

怒りと自覚はなくても、

それに近い想いを持った事はないでしょうか。

それらは、

自己否定から来るものです。

 

その結果として、

現在世の中に溢れているSNSでは、

自己承認欲求を満たすためのアイテムとして、

世界中で活用されていますよね。

 

よくよく見てみると、

何故そんな事をわざわざアップする必要が?

というような投稿も沢山あります。

皆んなからの「いいね!」「すごい!」が、

自分の承認欲求を満たしてくれている…と勘違いしているのです。

 

自分の心は他者には満たせません。

自分を幸せに出来るのは自分だけです。

 

何故なら、

 

どんなに凄い!いいね!と言われようとも、

先に書いたような、

自分の命、

存在そのものを否定する意識が心の奥深く、

潜在意識に根付いていると、

マニキュアと一緒で、

時間の経過と共に剥げ落ちてしまいます。

常に賞賛を浴びていなくては満たされない、

益々渇望に加速してしまうのです。

 

その自己否定をクリアする事が大前提。

それが無くては、

何をしたって結局満たされず、

SNSの為に生きているような、

他人の目の為に生きているような状態になり、

自己を見失ってしまいます。

 

 

それを踏まえた上で、

先に書いた彼が言う「自己否定」とは、

一般的な「自己否定」は自分の中に無くて、

自分の命、存在そのものの価値は認めているんです。

 

誰に何を言われようと自分には関係ない。

それに怒ったり傷ついたりしているエネルギーが無駄だ。

 

これは、

ブッダの教えに近いとても深い考え方です。

 

本当の意味での価値がある自分が、

お金がないと苦しんでいる、

やりたくない仕事をやらねばならない、

奴隷のように使われる、

という状況を良しとしている、

甘んじているのを許して良いのか、

何をやっているんだ私は!

 

という自分への「喝」なんですね。

奮起させる為のものです。

 

 

全く意味が違うのです。

そこを取り違えないようにしなくてはいけません。

 

 

これからの時代、

自己肯定感を高めて自分の価値を知る、

というのが基本になってくるのではないでしょうか。

 

自分を認められると他人も認められます。

怒りや不満が減って来ます。

自己責任の本当の意味も理解出来ます。

全ては心の在り方であると理解出来ます。

そうして、

自分軸がしっかりと立つ、

グラウンディングが叶っていくのだと思います。

 

外からアプローチして内に働きかけるのも良いのですが、

内からのアプローチ無しには成り立ちません。

 

 

それらが全て整ってこそ、

 

「今の自分を否定する事から始まる。

今の自分に満足していたらそれで負けだ。

今の自分を否定しなくちゃ。

自分を否定するエネルギーが、次の発展の活力になる。」

 

こういうエネルギーの使い方も、

使いこなせるようになるのではないでしょうか。

 

 

そもそも自分は、

自分自身をどれだけ肯定出来ているのか、

実のところわからないものです。

 

他人に対しての言動は全て自分への感情。

 

そう意識してみると良いかもしれません。

愚痴や不満が口をついて出た時、

それは自分の事を言っているんだと認識してください。

 

自分がいかに自分を傷付けているのか、

わかると良いですね。

 

全ての人は幸せになる価値がある、

尊い命なんだと。