価値観や固定概念への刺激

f:id:nakatakaori:20180615220950j:image

 

価値観や固定概念というのは、

自分の意識を遥かに超えて、

無意識の中にかなり深く浸透しています。

 

無意識の領域に、

一体自分がどんな価値観で、

どんな固定概念を持っているのかまで、

理解するのはなかなか難しいものです。

 

それらを知る、覆すには、

毛嫌いしてしまう価値観のものを、

真正面から見る事が一番の近道だと思います。

 

向き合うのは非常にストレスを感じるかもしれませんが、

真逆を知ってこそ自分が見えてきます。

 

やり方や考え方には理解を示せなくても、

自分には無い価値観で物事を見ていたり、

自分の方が歪んだ捉え方をしていたり、

相手に純粋さを感じたり、

自分の純粋さの乏しさを感じたり、

新しい発見がいくつも見つかる事があります。

 

そこに、

自分の壁を越えるためのヒントが隠れていたりします。

 

それを、

イライラして文句を言ってスルーするのか、

はたまた、

そういう捉え方があるのか、

そういう捉え方だからこそそうなるのか、

と理解し自身を省みるのか、

どちらを選ぶかで心の磨かれ方が変わります。

 

もちろん、

何も学べない事も時にはありますけれど、

違う価値観に触れる事で、

自分の素晴らしさを再確認出来るかもしれません。

 

どんなギフトがあるかはわかりませんが、

毛嫌いするだけではなく、

知ろうとする事で自分へ刺激を与えるのも、

大切ではないかとかんじます。