視点が変わる

f:id:nakatakaori:20170901013219j:image

 

かつての自分なら

怖いと思っただろう事

腹が立つと感じただろう事

悲しいと感じただろう事

瞬間湯沸かし器のように怒りが駆け抜けるような事

 

そんな事が今は

ガラスケースの中にあるモノを

上から 横から眺めるように

観ているのをかんじる事がある

 

 

そこにあるのはただその出来事で

相手が発したものは相手のもので

自分に抱えられるものは両手2つの自分のモノだけで

それ以上でも以下でもない

なので

ただ冷静にそれを見つめて

そうなのかとただ確認している

 

それにより怒りや悲しみの感情は

よく観ればそこには必要なかったのだと

理解出来る場面が多々ある

 

 

誰もが願うのは多くの幸せで

自分もそうだし相手もそうだと

「こうなれば幸せ」という枠も

ガラスケースの中に入っていた事に気付き

必ずしもそれが幸せではないのかもと

覗き込むように観る事が出来ている

 

出来事は自分を攻撃しない

攻撃させるのは自分の意識

その出来事で傷付くと決めた自分自身が

自分の心を傷付ける

 

 

視点が変われば捉え方が変わり
簡単には感情に支配されなくなる

自分の意識が静寂の中にあって
魂の光に包まれているような
そんな感覚

 

視点を変えれば世の中が変わる

この瞬間から変えられる

 

そんな事を体験している