偏り

f:id:nakatakaori:20180706012159p:image

 

 

何かを発信しようとすると、

どうしても偏りが生まれてしまう事があります。

 

私の書き方、

要点のまとめ方に問題がある場合もありますが、

そうじゃない場合もあります。

 

全てのものは多面体で、

何かについて語るにしても、

それは一側面に過ぎないのです。

これは重要な土台だと思います。

 

その上で、

自分はどうなのかを基準にして、

自身の体験に基づく真実に変える必要があると思います。

 

二元性の世界ですから、

発信された「それ」には必ず、

真逆の「それ」が存在します。

 

正しい事には間違った事が、

善には悪が、

光には闇が、

男には女が、

自分と他人が、

真逆の「それ」があるのです。

 

そしてそれらは、

どの視点から見るかによって、

役割が変わります。

見方によっては正しい事も悪になる。

一方だけが正しいという事は、

残念ながら有り得ないのです。

 

その両極を知って自分の中庸を見つける、

というのが、

私たちそれぞれが為すべき事なのでしょう。

 

 

そういう考え方もある、

あぁいう考え方もある、

だけど私はこう考える。

あなたはその考えで良いと思う。

 

そもそも、

それぞれに全く違う環境で生まれ育ち、

オリジナルの価値観を持って生きている私たち、

何億人もの人たち全てが同じだなんて無茶な話です。

 

好みは人それぞれ。

違っていてこそ普通ではないでしょうか。

 

だからこそ、

自分の考えをしっかりと持ち、

相手を尊重する事が大切なのたと思います。

 

そうして互いに尊重し合う事で、

争い事は減っていくのだと思います。

 

 

なので、

様々な情報がありますけれど、

それを一辺倒に信頼するのではなく、

その反対側も知り、尊重し、

自分なりの真実、

経験に基づく中庸を探る事、

これを心掛けたいものです。

 

それは、

自分軸を立てる、

自分を愛する事になりますから。

 

皆を愛する事になりますから。