Julia Fordham

ふと、

iPodに入っていた曲に耳が止まった。

 

 

もう何十年も聴いていて、

ライブへ行ったのはいつの事だったか、

覚えていない程なのに、

 

いつの間にか忘れつつあったのだけど、

今日はピン!とロックオンされた。

 

 

Happy Ever After

Happy Ever After

 

この曲は1988年に発表された彼女の代表曲。

アフリカのアパルトヘイトについて歌ったもので、

メロディの美しさとは真逆の、

悲しみや絶望、

抗議や訴えのような内容になっています。

その後1991年に、

全てのアパルトヘイト関連法案は廃止になったそうで、

この曲が世界に与えた影響はかなり大きかったようです。

 

ここまで詳しくは知りませんでした。

 

 

さて、

今日私の耳に止まった曲は「Happy Ever After」ではなく、

こちら。

 

 

Love & Forgiveness

Love & Forgiveness

 

「Love and Forgiveness」

 

教会で愛と赦しを学んでいるの、

愛と赦しの世界に生きるの、

と歌っています。

 

彼女の声が好きでよく聴いていたのに、

いつも聞き流してしまっていたんだなぁと気付きました。

 

そんな事を歌っていたんだ…。

 

 

多分、

今だからこそ関心を向けられたのだろうと思います。

 

過去にもきっと、

歌詞の意味を調べていたはずなのですが、

あの当時の私には響かなかっただろう事が、

なんだか容易に想像出来てしまいます。

 

 

 

Falling Forward

Falling Forward

 

「Love and Forgiveness」が収録されている

こちらのアルバムのタイトル曲でもある

「Falling Forward」も、

改めて聴くと良い歌詞でした。

 

あなたがいつも前へ進んでいる事を願っているわ。

あなたの為に願っているわ。

 

そんな事を願っています。

 

 

 

彼女はいつも、

願っていたのかもしれないなぁと、

久しぶりに曲を聴きながらかんじました。

 

 

車の運転中に聴いてたんです。

 

最近は音楽をうるさく感じてしまって、

iPodの曲も静かなJAZZや、

ピアノの曲が出るまで早送りしがちなのですが、

今日は彼女のおかげで、

曲をじっくり聴いておりました。

 

 

誰かの幸せを願う言葉を歌う音楽。

世界の平和を願う言葉を歌う音楽。

 

 

そういう音楽は、

心地良く響くのだろうなぁと思いました。

 

 

 

 

Julia Fordham

Julia Fordham

 

 

 

 

フォーリング・フォワード

フォーリング・フォワード