願いの奥にある本心

f:id:nakatakaori:20170918161607j:image

 

自分の本心は

自分でも気付いていない事がある

 

例えば

 

誰かに逢いたいと願っていたとして

出逢えた事を想像した時には

心はとても嬉しくかんじているのに

 

いざ本当に出逢いそうな予感がした時

心はとても恐れていたりする

 

 

どうしよう

怖い

逢いたくない

 

 

そんな事を思っていたりする

 

この場合

叶う願いは

「怖くて逢いたくない」

という心の奥にある想いの方

逢いたい想いより優先させている恐れの方

 

ちゃんと叶っている

 

 

物事には聖なるタイミングというのがあって

今回の例の場合

 

自分の「逢いたい」という想いが確立し

準備が整った時

 

そして同じく相手も

こちらと逢う為に必要な準備が整った時

 

お互いの準備が整った時に

それは起こるのだと思う

 

 

願いが叶っていない時

本当にそれを願っているのかどうか

確かめてみても良いかもしれない

 

内観して

何に恐れを抱いているのか

現状の自分である事を許しているのではないか

この変化を望んでいないのではないか

色々な理由が潜んでいるかもしれない

 

それを確かめ

手放し

心に決めれば

現実が大きく動き出すのかもしれない