身体の不思議

f:id:nakatakaori:20180828090328j:image

 

 

一週間ほど

高熱が続いてダウンしておりました

 

西洋医学の力を借りるも

最初は薬が全く効かず

38度以上の熱がずっと続いていたので

身体も解熱モードになっていたのでしょう

 

発熱中は

お水とお味噌汁しか口に出来ませんでした

 

なので

お腹はみるみる引っ込んで

30分から1時間に1度のペースで

排尿がありました

 

どんなに水分を排出しても熱が下がらないので

身体を通る水のサイクルが早まっていたのかもしれません

 

その後

点滴を受けて一気に解熱

身体から熱が抜けて行くのを感じました

 

と同時に

排尿が1日1回に

そして

体重が4kg程増加

 

食べていないのに

 

 

高熱時の解熱モードだった身体は

身体に入った水分を排出しようにも

水温が低いからまだ出せない

と言ったような反応をしていたのかもしれません

 

その後3日かけて

健康な時のリズムで排泄するサイクルに戻り

体重も元に戻りました

 

 

身体の状態に合わせて

全身の機能を都度順応させていく身体

これは凄い事だなぁと感動しました

 

 

 

高熱が続いていた時には

この熱は一体

どこの何の熱なのか

この痛みは一体

どこの何の痛みなのか

などとじーっと観察したりしながら

ほんの一瞬でも過ぎ去るのを感じてみたり

 

その必要があってのこの状況

と理解して

自分の心に問いかけてみたり

 

ヴィパッサナーでの経験を活かして

自分と向き合う時間にしました

 

結果として得た答えは

「人に頼る」という事

 

仕事やプライベートでの色々を

自分一人でどうにかしようと

無意識のうちに心がシフトしていたのかもしれません

 

身体が弱り頼らざるを得ない状況で

人を頼ろう!と決めた途端に解熱していきましたから

 

面白いですね

 

 

 

熱が出る過程

熱が下がる過程

 

どちらも私の意志では

コントロール出来ませんでした

 

出来事を客観的に観察し

何処から熱が出てるのか

何処からが熱で何処までが私なのか

どの細胞がこの重責を担ってくれているのか

色々と見る機会を得たに過ぎませんでした

 

ただ

必要な事を与えられた

それだけでした

 

高熱が出ると

身体には相当な負担がかかります

正に身体を張って

私に学びを与えたのですから

自分自身の尊さを改めて感じます

 

有難い事ですね

 

しんどかったですけどね