物語が溢れる空

f:id:nakatakaori:20170818194629j:image

 今日の空は沢山の物語に溢れていました

全体を見たくて公園に行くと

金色に輝く犬のような狼のような雲が

黒い雲を咥えていました

 

 

f:id:nakatakaori:20170818194658j:image

 

時間が経つにつれ

そのコントラストが色濃くなります

まるで

牙をむき出して闘っているかのよう

 

 

太陽は西の空に帰っていきます

太陽に面した雲は黄金色に輝き

太陽とは反対側の面は黒い影になります

 

見る角度を変えれば

黄金色の雲にも黒い影があり

黒い雲にも黄金色があるのでしょう

 

今私が眺めるそれを

全く別の角度から眺める人がいて

私がかんじるのと同じような事を想う方もあれば

全く違う物語をかんじている方もあるのですよね

 

 

広い空は何故こんなにも

私の心を大きく包み

自分自身を小さくかんじさせるのかと思う事があります

 

今日かんじたのは

空は宇宙と繋がっていて

宇宙そのものだからなのだろうなぁという事

 

もっともっと深く広く広がる宇宙の中に

私はいる

 

そんな宇宙の物語だったのかもしれませんね