根強い意識

f:id:nakatakaori:20171024105130j:image

 

 

 若干、偏見のような内容になりますが、

 

女性の場合、本質の意識に到達するまでに、

相当な時間を要するようにかんじます。

 

頭ではわかっているのに、

無意識下で全力で逃げようとしているのです。

 

行動と無意識が一致せず、

まるでハムスターが回し車の中で全力疾走するように、

この場所では前進しない事を承知で全力で走るようなかんじです。

 

その回し車から降りて小屋の外を進めば、

いつかどこかに辿り着くのに、

回し車から降りるのが怖くて、

だけど前進するための努力をしている証がほしくて、

無意識では無意味と知りながら全力疾走してしまう。

 

 

時々、回し車を乗り換える為に、

今の回し車から降りて小屋の外を歩く事もあるのですが、

別の回し車を見つけたら、

またそれに乗って全力疾走するんですね。

 

  

なんか、

そんなような気がしてなりません。

 

 

私だけに限られた事かもしれませんが…。

 

 

 

女性の意識というのは、

真っ直ぐ直線的に進むのではなく、

先が細くなっていくスプリングのように螺旋を描きながら、

陰陽を行ったり来たりしながら、

徐々に前進するのだと聞いた事があります。

バイオリズムがあり揺れるのが特徴。

 

それが回し車と感じる所以なのかもしれません。

 

 

そして往々にして、

 

「あれ?回し車で走ってる??」

 

と突然に気付く事が多く、

その気付きには「なぁんだ」と感じることが多いのも特徴でしょうか。

 

 

またやってしまった…

わかってたのに同じことしてた…

恥ずかしい…

 

 

強気な女性でもそんなように感じていたりします。

 

 

なのでそんな時には、

「大丈夫ですよ。」

と優しく受け止めてもらえると安心しますね。

 

女性は皆、姫ですので、

優しく丁寧に扱われる事を望んでいます。

(なのに、

自分は自分を丁寧には扱わなかったりしますが。)

 

 

直感的でありながら、

現実的には非常に回りくどい方法しか選べないのが女性。

 

直感を現実に置き換えるのが苦手なのが女性。

 

根強い意識があるのが女性。

 

そんな性質を理解した上で、

今はどこを走っているのかな?と、

客観視するように努めていけば良いのかな?

と思ったりします。

 

 

現時点で私がかんじる事です。

他の方はどうなのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

癒しと寂しさと気付き

f:id:nakatakaori:20171023203709p:image

 

 荒ぶる姫君。

 

 

先週一週間、友人のワンちゃんを預かっていました。

 

彼女はとっても賢く、人懐こい甘えん坊。

いつも私にピッタリとくっついて眠っており、

他の家族がいても私の姿が見えなくなると、

クゥクゥと悲しげな声を出して後追いをする程でした。

 

 

友人から預かった時には、

飼い主から引き離されて絶望の淵にでもいるかのような悲嘆な声を上げていたのですが、

それがこんなにも私に懐いてくれるのかと驚くと共に、

少し嬉しくもありました。

 

飼い主がいなくなった今、

助けてくれるのはこの人しかいないと思ったのでしょうね。

これまた賢い。

 

 

両親に対しては人見知りはしないですが、

皆んながいると私の元にべったりなので、

以前に飼っていたワンコのようにはなりません。

後半で徐々に、リビングで一緒に寝転んだり、

ボール遊びしたり出来るようになっていきました。

 

賢い彼女に感心しきりの両親。

 

事ある毎に反応する様。

タカタカと歩く足音。

餌を食べる音。

散歩に行った事。

これらの事が心にしっかりと刻まれるほどに、

隙間隙間で彼女とのコミュニケーションを深めていきました。

 

 

そんな彼女が、

お泊り期間を終えて無事にご帰宅。

 

私は、無事に友人の元に帰ることが出来て、

喜ぶ彼女の姿がとっても愛らしく、

お家に帰れて良かったねと安心しておったのですが、

まさかの両親がペットロス状態。

 

足音が聞こえない事、

あんなに怒ってたけど吠える声が聞こえない事、

おかえりとお迎えがない事などなど。

 

とっても寂しいみたいです。

2人ともが口々に寂しさを漏らします。

まさかここまでとは思いませんでした。

 

本当は犬との暮らしを求めてるんでしょうね。

それだけ楽しく充実した時間だったのだなと、

改めて今回の機会を有難く思いました。

 

 

そして私は私で、

全く寂しさを感じていない事にも改めて気付きました。

 

ワンちゃんのペースになる事からの解放の喜びもありますが、

またいつでも逢えるという思いもありましたし、

それよりも何よりも、

彼女が一番大好きな人と暮らせる事の方が嬉しいと感じていました。

 

これはこれで驚きでした。

 

 

全ての方に対してこのように思える自分になれているのかしら?と期待を寄せてしまいました。

それを実感できる場面がそうないので、実際はどうかんじるかわかりません。

 

だけど、誰かの喜びを、

こんな風に当たり前に共に喜べたなら、

「私」が嬉しいんだなと感じさせてもらえる機会となりました。

 

1つ1つの出来事に、

イムリーな気付きが本当に沢山潜んでますね。

 

神懸りなこの流れに本当に感謝です。

良い機会を与えてくれた友人に本当に感謝です。

 

また遊びにおいでね。

 

 

 

 

贅沢の本質

f:id:nakatakaori:20171023181342j:image

 

 

先日、友人と話をしていて深く納得した事。

 

 

ご自愛や贅沢では、


外に豪華なお食事をいただきに行ったり、
誰かから至れり尽くせりを味わわせてもらったりなどが多く見受けられるけれど、

 

自分が「自分のためだけ」に、
丁寧なご飯を拵える事や、
部屋を掃除する事、
お風呂に入ってリラックスさせてあげる事、
など、普段の生活における自分の労力を、
他人ではなく自分のためだけに尽くしてあげる事って、
最高の贅沢なんだよね。

 

卵焼きを焼く、でもいい。
コーヒーを淹れる、でもいい。
美味しい紅茶を淹れる、でもいい。
自分の住まう空間を寛げる場所に整えてあげるという心配り。

 

頭でなんとなく知ってる程度だったけど、
先日ガツンと腑に落ちました。

 

 

どんなにオシャレなお店に行ったって、
どんなに楽しそうな場所に行ったって、
自分が自分に尽くしてあげなければ、
これらはきっと満たされる事はないよね。

 

内観、ご自愛の本質。
面倒と思わずに自分を世話してあげる事。

 

目が醒める想いでした。

 

 

 

今までどれだけ自分を疎かにして来た事か。

家でも美味しいご飯が食べたいといいながら、

命の抜けた出来合いのご飯で済ませたり、

付け焼刃的な栄養補給やメンテナンスで誤魔化したり、

愛のエネルギーが枯渇する生活を、

いかに当たり前としていた事か。

 

そんな事も見えて来ますね。

 

 

今まで放ったらかしにしてごめんね、私。

手を掛けてあげられなくてごめんね、私。

 

私を私が守ってあげられなくてごめんね、私。

 

愛しています。

赦してください。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

その美しさを見ていたい

f:id:nakatakaori:20171020094110j:image

 

私は人の美しさを見つけるのが得意。

得意な事は好きな事。

つまり、

人の美しさが好きなのですね。

 

だからこそ、

「自分の魂の美しさ」をオープンにしている美しい輝きを放った人たちに囲まれて暮らすこと。

が夢だったりするんです。

 

 

だけど自分の中に、

「美しくある事で目立ってはダメだ」

という自分自身への暗示があったから、これまで叶ってなかったのでしょう。

 

キレイゴトをウザいとかキモいとか思っていたくらいですから。

 

それでも無意識ながらにわかるようになってから、

周りにいる人が変わりました。

キレイなコトは、やっぱりキレイなのです。

トキめくのです。

 

自覚したからには、

きっとこれからもっと変わるんだろうなぁと思います。

 

私は、その美しさを見ていたい。

自分の美しさも、さらけ出したい。

 

もっと、もっと。

 

 

その為に尽力しよう。

そうすれば、ミッションも上手くいくはず。

愛に基づいた言動と望みだもの。

きっと用意されてるわ。

 

 

 

自分を分析する

f:id:nakatakaori:20171019214345p:image

 

実はここ最近、なんだか気持ちが沈みがちです。

1週間丸々雨だったのも、雨は嫌いじゃないのにウツウツとしましたね。

それもあって、出掛けるのも億劫で比較的閉じこもりがちでした。

 

ドンヨリ。

 

正にそんな感じ。

 

 

これにはきっと別の理由があるなと思い、

何が私をそうさせてるのかをノートに書き出してみました。

 

そしたら出るわ出るわ。

アレが、コレが、わんさかと。

 

客観視するというのは大事ですね。

 

それを更に別角度から見つめて、

どういうポジティブがあるかを横に書き出します。

 

1つもつかえる事なく置き換える事が出来ました。

 

ちゃんと視点を変える力がついてました。

良かった。

 

 

今は星の流れ的にもネガティブになりやすい時なのだと、何かで目にしました。

 

この「目にする」というのもちゃんとした引寄せです。

何故?と思った時に目に入りましたから、タイミングはいつも完璧です。

 

明日は新月

私の本質を支配する星は「月」です。

月の周期の終わりの時に、色々な吐き出しが巡って来たのでしょうね。

 

朔を迎えるにあたって、試したい事がよぎりました。

自分の恐れを手放す為のチャレンジです。

 

まだまだ恐れも偏見も沢山ありますので、

心が向く方向に従いながら手放して行こうと思います。

 

明日、改めて意図しよう。

 

全ては「想い」が現実を作りますから、

そうすれば後は行動するだけですね。

 

 

 

 

 

 

あなたの美しさを見つけるのが得意

f:id:nakatakaori:20171019163858j:image

 

先日、仕事の打合せの時に無意識に口にしていた言葉。

 

 

「私は、人の本当の美しさを見つけるのが得意です。お逢いして目が合った瞬間にわかります。」

 

 

本当に自然と言葉が出ていました。

そうか、私はこれが得意なんだと、自分でも改めて認識する事に。

 

振り返るとこれは確かで、

そこに魅力を感じてその人に惹かれたり、

嫌悪したり(素直じゃなかったから眩しいのがウザくてね)していました。


この人の「ここが美しい」とかんじた部分は、
時を経て、その方の外側(肩書や立場や関係性など)がどんなに変わっても、それだけは変わらず美しいのです。

 

美しさというのは、
素晴らしさ、魂の輝き、なのかもしれない。

 

先の打合せの時に、

「この感覚わかりますよね?」

とお相手さんに尋ねると、その方はわからないとの回答。

人それぞれ違う能力が備わっているんですね。

 

恐らく私がまだ魂の時に、

「この能力は持って行くわ〜」

と決めて地球に生まれてきたのでしょう。

もうじき地球生活40周年を迎えようというこのタイミングで、やっと気付き、自覚出来たのですね。

 

 

 

遅いな。

 

 

 

遅いけど、

それを知れたこと、

わかったこと、

腑に落ちたことは、

純粋に嬉しいです。

 

そして、

 

それが得意なのであれば、

それが私の能力の1つなのであれば、

それを存分に活かして生きていきたいと深くかんじています。

 

何せ出来ないことが多くって。

様々な揺るがしで、

まだまだ陰陽のコントラストが濃い心の内ですが、

それを見つめれば見つめるほどに、

自分を開けば開くほどに、

 

出来ない事が増えました。

 

手放したつもりのものを、

未だガッチリ持っていると気付かされたり、

ジャッジもしまくっていたり、

かれこれ何年も自分に還る事に集中してますけれどまだまだです。

色んな手段も試しましたけれどまだまだです。

 

だけどそんな自分をそのまんま受け止めて、

自分の真実に、心の声に従って、

本当に得意な事を自信を持って活かしていこうと深く思えるきっかけとなりました。

 

 

そもそも弱虫で自信がなくて、

怖がりで呪縛もあって、

褒められたくて、認められたくて、

人の顔ばかり気にして、

特別になりたくて、

頑張らなければならないと思い込んでいて、

正しくなくてはいけないと思っていて、

自分の美しさを表に出て出してはいけないと思って生きてきました。

 

 

そんな事、もうどうでもいいわ。

幻想だから。

 

 

 

 

 

私の夢は、

 

「自分の魂の美しさ」をオープンにしている美しい輝きを放った人たちに囲まれて暮らすこと。

 

キレイやなぁ…とうっとりしながら暮らすことです。

 

 

私はあなたの美しさを知っています。


だから、これからもどんどん見つけます。

私の好きを、ライフワークの表舞台に出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揺れる ゆれる

f:id:nakatakaori:20171018203407j:image

 

タピオカ澱粉で作ったなんちゃってわらび餅。

ほとんど母親に食べられてしまいました。

ビーガンスイーツ。

とても美味しかったです。

 

 

ここのところ、様々な警告が私に示されています。

それが一体何を意味するのか。

少しわからないでいます。

 

事が起こってから気付くのか、

その前に気付くのか。

 

今自分の中に、

何か意識しないでおこうとするモヤモヤが

あるのかないのか。

 

注意深く探っています。 

 

 

多分コレだろうというのはあるのですが、

それの何なのかがわからない。

まだまだ「かんじる」力の弱さを痛感します。

 

 

光の中で目を閉じているので、

ずっと闇の中にいるようなもの。

同じ課題を何度も何度も繰り返し、

本気出して越えて行け!という状況を、

自ら引寄せているのかもしれません。

 

張り切ると大概そうなります。

 

 

 

1つ明らかなのは、

自分軸がぶれた事。

 

 

今、友達のワンちゃん(女の子)を預かっているのですが、

甘えん坊の彼女は私が居なくなると、

とても切ない声で鳴きます。

姿を見ると喜び大爆発で飛び付いて来て、

ピッタリくっついて離れません。

 

家に連れて来る時の彼女の不安なエネルギー、
とても凄かったのですよ。
私の心が変に脈打ち呼吸が浅くなるのですが、

これは私のではないとわかる「恐れ」の感情でした。

私でもわかる程だから相当だったのでしょう。

 

大丈夫、大丈夫と安心のエネルギーを送って帰宅。
自宅でも、愛を送るように彼女に接するようにしていました。

今、心を開いて甘えてくれているのは、

そんな想いが通じたからかな?とかんじます。

 

そんな事もあってここで私の癖が発動。

 

そういう姿に心動かされ、

彼女のペースに合わせてしまいそうになります。

常にくっついていられるようにしたり、

リビングにいる時間を増やしたり。

寂しさに耐える彼女をどうにか安心させようと、

自分の時間をかなり削ってしまっていました。

 

 

彼女は自分の「今」をただ真っ直ぐに生きています。

見習うべき姿です。

 

 

私はというと、

そんな彼女に揺らされて、

すべて事は後回し。

リビングに長居。

離れていたテレビを観る時間も増加。

 

「彼女のため」という大義名分を掲げて、

数日ですが、

自分軸を失ったようなかんじになりつつありました。

 

テレビは相変わらず、

ジャンル問わず気が滅入る放送がとても多く、

ストレスがどんどん溜まります。

無意識にイライラが募ります。

改めて、イライラさせる報道の多い事。

 

そんなイライラを感じてる自分にも嫌悪感です。

イライラはイライラを引寄せ、

更にエネルギーが落ちます。

 

あぁダメだ!こんな私、嬉しくない!と思い、

自分軸を戻す事に。

彼女には酷なのかもしれないけれど、

母親や父親に委ねる時間を増やしました。

 

そうなったらそうなったで、

彼女は「今」の最善を生きるだろうから、

お互いに強くなれたらいいなと思いながら。

 

役に立ちたいという野心を、

私は手放さなければならなかったのだなぁと思います。

 

だけど良い事も沢山で、

こんなにも頼られると心が強くなったり、

何かしてあげたいという利他の想いが自然と沸いてくる事を再確認出来ました。

 

今に集中する事、

感情をしっかりと表す事。

私たちと何ら変わらない大切な事を、

わかりやすく示してくれます。

 

そして何より、

毎朝5時半の散歩で超朝型に。

必要な作業は、散歩から帰って来たその勢いで、

朝のうちに仕上げるようになりました。

 

友達にお返しした時にリズムが変わってなければいいなと思いつつ、

このリズムの変化はとてもありがたいです。

 

 

気付きと変化に感謝しつつ、

さぁ他の事は何だろうか。

 

無意識を意識するには、

余裕がないと難しいですね。

 

今一度、内観が必要そうです。