誰かと喜びを分かち合うための基本は

f:id:nakatakaori:20181112093007j:image

 

 

1人だと淋しくて

誰かと一緒なら楽しいと思う

 

友達がいれば

パートナーがいれば

 

きっと楽しい

 

 

確かに楽しい

1人で味わう喜びよりも

2人で味わう喜びは

何倍もの喜びに変わる

 

 

事もある

 

 

だけど多くの場合

 

 

共に喜びを分かち合える人が出来たら出来たで

また徐々に

淋しさを募らせていく事になる

 

 

その人が居ない時

再び1人になった時の

孤独感が増す

なんて事はないだろうか

 

 

 

誰かと喜びを分かち合うための基本は

 

 

 

1人であっても幸せを感じている自分である事

 

 

 

1人でも幸せ

2人でも幸せ

複数人でも幸せ

 

再び1人でも

やっぱり幸せ

 

 

自分自身の幸せの土台が強くなければ

誰かと味わう喜びは

一瞬の起爆剤にしかならず

淋しさを加速させる事になってしまう

 

 

何故なら

 

「1人が淋しい」

という不安がベースになっているため

 

誰かと一緒である状況は

「不安の上に楽しいを上塗りしている」

という事を意味する

 

 

 

上塗りしたものは剥がれる

 

 

 

剥がれた後に残るのは

やはり「不安」だ

 

 

 

基が変わらなければ

何をやったって結局不安で

「誰かと一緒に過ごした楽しい時間」

という輝かしい瞬間を味わった分

余計に不安が重く感じるという

スパイラルに陥る

 

更にもっともっとと求めるけれど

基が「不安」ベースである限り

その淋しさは深まる一方だ

 

 

 

 

1人でも幸せを感じられる場合

既に「幸せ」がベースとなっているため

どんな状況でも更なる幸せを引き寄せる

 

その出来事が過ぎた後にも

1人であっても幸せなのだから

その前と後では

幸せの度合いがグンと上がる事は想像に易しい

 

 

 

そもそも論だ

根本の問題だ

 

 

 

淋しくてたまらないなら

1人でも幸せである自分にならなくてはならない

 

 

何故淋しいのか

 

 

それは

 

 

 

誰にも相手にされない

 

誰かに構ってもらえる価値が自分にはない

 

見放される

 

 

例えるならこんな価値観が

潜在的に潜んでいるからだ

 

これは言い換えるなら

 

 

 

自分にも相手にされない

 

自分にさえ構ってもらえる価値が自分にはない

 

自分から見放される

 

 

 

という事を

潜在的に感じているんだ

 

 

つまり

 

 

心はいつも

 

 

自分自身に無視されてしまう事に怯えているんだ

 

 

 

誰かと喜びを分かち合うための基本は

自分を大切にして

心から愛する事

 

存分に喜びで満たし

幸せに満ち溢れている事だ

 

 

自分を満たすとは

 

 

自分の為に

料理を作ってあげるとか

自分の為に

掃除をしてあげるとか

自分の為に

いつもよりゆっくりお風呂に入るとか

自分の為に

静かな空間 自分だけの空間を与えてあげるとか

自分の為に

自分の良さに気付いてあげるとか

自分の為に

優しい言葉をかけてあげるとか

自分の為に

人を喜ばせた「自分」を見せてあげるとか

自分の為に

ありがとうと言ってあげるとか

 

 

そんな言動を通して

自分自身を肯定し

自分自身に感謝して

自分の為に尽くしてあげる事が

自分を満たす事に繋がっていく

 

 

多くの人は

自分自身の良さを見誤り

見て見ないふりをしている

 

ちょっとやそっとでは

チラリと覗いただけでは

気付けない程に自分メガネは曇っているよ

 

良く観るんだよ

良く良く観るんだよ

 

いつも自分に気付いているんだよ

 

そうすれば

淋しさは自分の元から去り

喜びが押し寄せて来るようになる

 

 

自分にはその価値があると

心から信頼して

自分を満たし

段階を踏んで

 

真なる幸せを

 

誰かと共に

 

たった1人であっても

 

感じられる事で

 

世界はどんどん豊かになっていく

 

 

 

誰かと喜びを分かち合うための基本

 

 

自分が自分である事

 

 

 

ただそれだけだよ

 

 

 

 

人からの指摘に不快になるのは

f:id:nakatakaori:20181109083557j:image

 

 

人から指摘される事を不快に思う人

嫌悪を感じる人がいる

 

 

なんであなたに言われないといけないの?

自分のことを棚に上げて!

 

と思っているならまだマシだけれど

それらの感情を感じる間もなく

怒りが急騰してしまう人は

自分の中と外の境界が

殆ど無い状態だから気を付けて欲しい

 

 

なぜ

人からの指摘を不快に感じるのか

 

 

それは正に

 

「図星」

 

だからだ

 

 

 

あなたに言われたくない

(と思っていたのに

指摘されるような言動をしていたって事じゃない)

 

あなたに言われたくない

(と思っていたのに

言われても良いオーラを放っていたって事でしょう)

 

あなたに言われたくない

(と思っていたのに

自分はその程度だって決めつけているって事じゃない)

 

あなたに言われたくない

(と思っていたのに

それを言われたらまた誰かと愚痴を言い合えるって利点を感じているんじゃない)

 

あなたに言われたくない

(と思っていたのに

結局はその状況は自分に都合が良いでしょう)

 

自分のことを棚に上げて

(そう正に

自分のことを棚に上げて相手のせいにして

そんな状況を正当化しようとしているんじゃない)

 

 

という

心からのメッセージだ

 

「図星」であることは

かなりのダメージを受ける

 

それを誤魔化すために

更なる怒りを利用して

いわゆる

「心のアドレナリン」みたいな効果を得ている

 

しかし

 

それが落ち着いた頃に

じわじわとそのダメージは浸透する

 

だから

それに気付かせる為に

何度も似た状況を引き寄せる事になる

 

 

 

感情を感じる間も無く怒りが急騰する場合

 

「誰よりも自分がわかっている!!」

 

という「自分への怒り」だったりするのだが

ほとんど場合はそれに気付かない

 

なんせ

自分の中と外の境界がわからないから

 

心は

些細な反応では気付けないと知っているから

急騰する怒りという

激しい刺激を以ってメッセージを送っているだけれど

多くはその怒りに飲み込まれ

支配されてしまっている

 

もちろん

気付いてはいない

 

 

 

自分をしっかりと観る

と意図していなければ

それはいつまで経っても

自分の中の事だとはわからないまま

 

いずれは

身体の不調や怪我などとなって表に現れ

休息の時間を与える事で

自分と向き合わせようとするだろう

 

そうなっても尚

自分の中の事とは思わず

自分の外に原因があると思い続けるのなら

その解決はただただ長引き

また違うカタチで

自分との向き合いの時間が与えられる事になる

 

 

 

素直に受け入れられると言うのは

とても軽やかで

次の展開を早く迎える事が出来

良い事尽くめだ

 

自分の中の事か外の事かを知っておく事は

その大きな一役となり

自分の世界が素晴らしく変化する事を

存分に楽しませてくれるだろう

 

 

「不快」

は取り除かなくても良い

しっかりと活用するんだ

 

来るもの拒まず

つまり

生まれた感情は排除せず

しっかりと向き合ってお別れするんだ

 

やがて

自分の生きる世界から

「不快」な事は無くなっていく

そんな出来事は起きなくなる

 

これは嘘ではない

本当だ

 

 

言われた内容そのままが当てはまるのではなく

言わせた事に対しての怒りであるかもしれない

 

様々なカモフラージュをかいくぐれるかどうか

 

それは

 

自分をしっかりと観ているかどうかで決まる

 

 

いつも自分に気付いていよう

 

よく観るんだよ

よくよく観るんだよ

 

 

 

 

思考に気をつけて

f:id:nakatakaori:20181106215839j:image

 

 

会社で働く

パートタイムで働く

決められた拘束の中で働いていると

 

無意識にストレスを感じ

無意識に不満を抱くようになり

無意識のうちに

不満へ意識がフォーカスしてしまう

 

 

何でコレをしてくれないんだろう

もっとこうなら良いのに

イライラする

あの人がムカつく

 

 

その思考は

自分が置かれた環境を決める

 

今というのは

これまでの自分の思考が現実になったもの

 

それを変えたければ

その思考を変えなければならない

 

 

否定的な思考ではなく

肯定的な思考で

ワクワクして楽しくなるような

幸せになるような

感謝の気持ちが湧いてくるような

そんな思考を持つことが大事だ

 

 

思考に気をつけて

常に

自分がどう感じているのかに気付いていられるよう

自分を満たす事だけに集中するんだ

 

幸せな思考にだけ

大切なエネルギーを使うんだ

 

 

私たちは

幸せになる為に生まれて来た

 

だから

沢山の幸せを享受して良いんだよ

 

享受していこう

 

 

そう思える事もまた

幸せで嬉しい

 

 

 

 

 

教える事の忍耐

f:id:nakatakaori:20181105062430j:image

 

教えてもらった立場として

思う事がある

 

 

 

散々言われていた事なのに

その時は全く実行する事が出来ず

 

実行する氣にもなれず

 

時だけが過ぎて行き

回り回ってある日突然

 

アレをしよう

 

と素直に実行出来るようになる

 

 

 

なんて事がままある

 

実行出来るようになるまでには

半年以上

一年以上かかったものもあるけれど

だからといって

叱られるなんて事はなく

そうなるまでずっと

見守られて来た実感がある

 

 

人には

その人だけのタイミングがあって

声を掛けたからといって

その時が完璧なタイミングであるとは限らず

 

その人に

聖なるタイミングが訪れるまで

口出しをせず

横槍を入れず

見守り 

祈るという忍耐が

教える側にはある

 

時に教える立場になる事もあり

その時にはそれで対応してはいるけれど

自分もそのように見守られている

という事に

これまで氣付けない事があったように思う

 

 

これをやってみようと思ったそれは

いつか誰かが教えてくれた事かもしれない

 

言われて瞬発的に反発し

受け容れなかった事かもしれない

 

その時の反発心が

お相手の方からの見守りに氣付けないように

フィルターをかけていたのかもしれない

 

 

 

教える事の忍耐は

それなりに大変な事だ

 

相手を大切に想うからこそのならば尚更

相手を信頼して時が満ちるのを共に待つのだから

 

それはそれは有難い事

 

日々

自分に氣付いていなければ

見落としてしまう学びのように思う

 

 

私たちはいつも

誰かの愛に支えられている

 

 

 

 

全ては自分次第

f:id:nakatakaori:20181104083354j:image

 

痛みに耐える

心地良さを感じる

 

お人に苛立ちを感じる

お人に憐れみを感じる

 

お人を憎む

お人を愛する

 

無い物をねだる

有る物に感謝する

 

 

一つの出来事には

必ず陰陽の捉え方があって

どのように捉えるかは全て

自分の意思で決められる

 

自分の意志で決められる

 

 

それを決めるのは自身の言動で

無意識のうちに決めている事がほとんど

 

自分に関心を持たず

どのような言動を取っているかにも気づかないでいると

目の前の流れが理不尽で敵わないだろう

 

 

どのような言葉を選び

どのような行動を選び

どのような世界を望み

どのようなお人とのご縁を望むのか

 

自分の全てに気付いている事

些細な反応にも気付いている事

 

それによって

次の言葉を

次の行動を変えて

望み通りの世界を手に入れる

 

 

そのようにして

願いは叶えていくものなのだろう

 

 

つまりは

今の不満な環境でさえも

自分の願い通りである

という事だ

 

 

 

全ては自分次第

 

 

自分を疎かにせず

無下にせず

大切に大切に

常に気付いていたいものだ

 

 

 

大神神社へ

f:id:nakatakaori:20181103215655j:image

 

思い立ったが吉日。

友人とのお話での流れから、

大神神社へとお参りに行ってまいりました。

 


f:id:nakatakaori:20181103215644j:image

 

早朝。

大阪都心部とは逆方向へと進む電車は、

人も少なくて空気も穏やか。

 

駅のホームも静かで、

清々しさも一入でした。

 

 


f:id:nakatakaori:20181103215704j:image

 

キラキラと輝く第2の鳥居。

緑も生き生きと美しく、

空氣が美味しいですね。

 

ご祈祷をお願いし、

三輪山にも登拝させていただきました。

 

今回は、

初めて裸足で登拝いたしました。

 

最初は足の裏が痛かったのですが、

徐々に慣れてくるのと、

段々と地面と足の裏との息が合うといいますか、

どこを歩くべきか、

どこに足を運ぶべきかがわかるようになる、

…ように思います。

 

踏み固められた硬い土の上、

水分を含んだもの柔らかい土の上、

落ち葉の重なった柔らかい草の上、

石がゴロゴロ落ちている凸凹道、

冷たいところ、温かいところ、

 

色んな感触が足の裏で感じられ、

その度に、

しっかりと支えてもらっているような、

守られているような感じを覚えます。

 

とても不思議な心地でした。

 

 

どう登るのか、

どう降るのか、

一歩一歩ゆっくり進み、

確かに地に踏み下ろし、

大地を掴むかのようにして、

慣れても傲る事なく、

氣を抜く事なく、

丁寧に丁寧に歩を進める。

 

人生と同じ、

大切な事が、

登拝の道中での教えにありました。

 

なんと有難い事でしょうか。

 

 

 

「心を大切にする」

 

ご祈祷をしていただいた後に、

神職の方よりお話いただいた中に、

このような言葉を頂戴いたしました。

 

これから、

私たちが本当に大切にしなければならない事、

それこそが心を大切にする事だと思います。

 

古より大切にされて来た事は、

時代の流れに伴って、

いつの間にか消えつつありましたけれど、

大切な事は必ず、

こうして再び巡って来ては、

私たちに語りかけてくれるのですね。

 

それに氣付ける自分でありたいものです。

 

久延彦さんにお参りしたら、

その横にある展望台からは、

冒頭のような綺麗な景色が広がって見えました。

 

 

 


f:id:nakatakaori:20181103215650j:image

 

三輪と言ったらそうめん。

いつもここのお茶屋さんで、

山菜にゅうめんをいただきます。

 

一年が過ぎるのが早く感じるのは、

それだけ良い毎日を送られたからと言えるでしょうね。

 

そんな温かいお言葉を、

お茶屋さんの女将さんから頂戴しまして、

心も身体もホクホクとなりました。

 

いつも、

心を温かくしてくださる会話を、

こちらの女将さんはしてくださいます。

それがいつも嬉しいのです。

 

 

 


f:id:nakatakaori:20181103215659j:image

 

おやつ代わりに結んだおむすび。

ひじきの混ぜご飯のおむすびです。

 

3つ結んで、

三輪へ到着する前に、

2つが胃の中に収まっておりました。

 

我ながら食いしん坊だなぁと、

楽しみながらのお参りでした。

 

 

 

 

 

ヒーリングから得られるメッセージ

f:id:nakatakaori:20181030083658j:image

 

有難くも

ヒーリングの実践を重ねさせていただいております

 

行えば行うほどに

全ては自分次第であるのだと

実感いたします

 

 人に施す事で

自分が与えられ

より癒しが深まる

 

そんな事を

体験しております

 

故に

もっと丁寧に

自身を整える必要があり

日々の瞑想や

いただくお食事

日常生活を

自然に沿って

自然に交わるよう

意識し大切にする事が

全ての要となるのでしょう

 

師が語った言葉はこの事かと

深く深く感じ入っております

 

 

お客様のヒーリングを行い

それによって得られたメッセージは

お客様へのメッセージであり

自分自身へのメッセージでもあります

 

私が実践している事を

再度確認させられるかのように

語る言葉が私の胸に響きます

 

あぁ そういう事だったのかと

とても暖かい気持ちになるのと同時に

人様へ示すからには

自分自身がしっかりと実践せねばと

身の引き締まる思いもいたします

 

 

この経験の何と有難い事かと

改めて感じ入る次第です

 

全ては最善のタイミングで

必要な学び

必要なご縁が巡って来ていますね

 

その準備を怠らず

辛いながらも続けて来た自分を労い

慈しみつつ

 

これからも更に高めていこうと

そんな事を思います

 

 

全てのご縁に感謝

この世界の美しさに感謝

 

生きとし生けるもの全てが

幸せでありますよう

お祈りいたします