日々の「営み」の輪に入ること

f:id:nakatakaori:20180203001510j:image

 

朝起きて顔を洗って歯磨きをし、

身なりを整えて朝食をいただく。

 

その後は、

お仕事へ行ったり、

部屋の掃除をしたり、

ヨガや瞑想をしたり、

学校へ行ったり、

友達との集まりやサークルに参加したり、

子供の送り迎えをしたり、

ボランティアに参加したり、

人それぞれのお勤め事に勤しむ。

 

そんな中で、

お食事の材料の買い出しや、

お部屋の掃除、

家周りの掃除、

ゴミ捨て、

などの日々外せない「営み」があると思うのだけど、

 

この輪の中に居る時って、

季節や様々な変化を感じやすいんだなぁと思う。

 

人に委ねられる人、

誰かがやってくれていて、

その輪の外に居ても生活できる環境にあると、

少し鈍くなる。

 

 

大切だけど地味な事。

日々の暮らしの中の見えない部分。

それでいて日々の「営み」の要であり、

私たちの命に直接関わる事。

 

これらの大切さを軽視してはいけないね。

生きる為の柱でもあるのだから。

 

 

私の経験に基づく考察でしかないのだけれど。

しみじみ感じている。