良いところを見る力

f:id:nakatakaori:20181216083024j:image

 

社会に出て仕事をしていると

やった事 起きた事に対して

検証というものがなされる場面が多い

 

そこから改善点を見つけ

次回に活かす事が主な目的なのだけれど

 

なんせ

評論家黒帯の私たちは

批評に傾きやすい

 

議論しているつもりが

批評に終始している事が多い

 

そんな状況に

気付いていない事が多い

 

社会とは

そういう場所

そうなりやすい場所なのかもしれない

 

 

批評へ重点がおかれてしまう事により

その中にあった良い事が影を潜める

酷い時には無き物にされる

 

実に勿体無い

 

 

仕事に於いても

プライベートに於いても

自身のメンタルに於いても

ヒト・モノ・コト全てに於いて

良いところを見る事が出来ないというのは

「幸せの放棄」と同義で

とても不利益な事のように思う

勿体無い事だ

 

 

社会の中では

その不利益を当たり前のように

そうであるべきであるかのように

錯覚してしまいがちだから

 

いつでもどんな時でも

 

自分はこの状況の中から

良いところを見つけられるか?

 

と問う事が大切だと思う

 

 

昔のアニメ

愛少女ポリアンナ物語」の主人公

ポリアンナ

よかった探し」をしていたけれど

(皆さま知ってるのかな?古い?)

 

正にそれを日々の生活の中で

私たちもしたいところ

 

自分の周りを「よかった」事で満たし

「よかった」事を引き寄せる磁石にする

自分で世界を作るんだ

 

 

そんな訓練の場所として

私たちは社会に出て

仕事をしているのだろう

 

訓練の場所としては最適だもの