元伊勢 籠神社 眞名井神社へ

f:id:nakatakaori:20181214175933j:image

 

アオサギ先輩に見守られながら

先日友人と

元伊勢 籠神社と眞名井神社へ

参拝にお伺いいたしました

 

 

 

f:id:nakatakaori:20181214175843j:image

元伊勢 籠神社

http://www.motoise.jp/

 


f:id:nakatakaori:20181214175847j:image

奥宮 眞名井神社

http://www.motoise.jp/yuisyo/index.php#01

 

籠神社の御祭神は天照大神

眞名井神社の御祭神は豊受大神です

 

 

伊勢神宮の内宮に天照大神がお祀りされる前に

一時的に籠神社にお祀りされていて

そこから

天橋立を通って伊勢へと渡られたとの事です

 

また

天照大神の食事を司る神として

外宮に豊受大神を迎え入れますが

その豊受大神とは

丹波国丹波道主の娘の八乎止女が祀っていた豊受大神」で

奥宮真名井神社(古称 吉佐宮)の豊受大神であったとの事です

 

これらが元伊勢たる由縁ですね

 

 

眞名井神社は籠神社の奥宮です

という事は

眞名井神社は

我々の命を司る場所であるという事です

 

しかしながら数年前までは

長きに渡り人々の目から隠されており

人が寄り付かないような廃墟のような状態

それはそれは散々たる有り様だったそうです

 

私たちの知らないところで

そのお役割を担った方々が

神様を呼び起こし

密かに資金を集め

ようやく遷宮に漕ぎ着けたのだそうです

 

 

何故そんな事をしたのか、

 

 

それは

ここが私たちにとって

本当に重要な要となる場所だからです

 

これまでの歴史の中で

数が多く訪れた危機的状況に

神風を吹かせたのは

眞名井の神さまだと言います

 

今こうして復活された事にも意味があって

正に私たちは今

危機的状況にあり

眞名井の神さまの力を必要としているという事です

 

その道筋を整えてくださった方がいらっしゃるのを

私たちは知りません

 

大切な事は目には見えないのです

メディアでなんて放送されるはずもないのです

 

ただ

違う形ではあるけれど

目に耳にする事がこれから増えるでしょう

 

 

籠神社も眞名井神社も

一歩境内に踏み入ると

その空気が違うのを感じられるでしょう

 

眞名井神社にいたっては

境内に昨日降った雪が残るほどに冷え込んだ日にもかかわらず

ポカポカと暖かくて

手を合わせている時なんかは

汗ばむほどの暖かなエネルギーを感じました

 

今まで訪れたどの神社よりも

エネルギーを感じたように思います

 

 

どうぞ皆さまも訪れてください

人の氣を寄せて

土地の氣を上げるのが神社など

神さまが御座す場所のお役割

沢山の方に訪れていただき

全ての始まりの地

全ての命を司る地に

エネルギーを集めて神風を吹かせましょう

 

この美しい国

美しい星に

美しいエネルギーを広げるように

私たちが再び1つとなる

そんな未来のために出来ることの1つです