塩洗顔

f:id:nakatakaori:20181207095020j:image

 

 

気温が低くなってきて

乾燥も気になる季節

 

私はこの季節になると

まぶたと鼻に

乾燥の影響が出てしまいます

 

まぶたは乾燥してゴワつき

炎症を起こして赤く腫れ上がったり

 

アカギレのように切れてしまい

傷に冷たい風がしみて涙が止まらなかったり

 

傷跡やゴワついた皮膚の影響で

三重まぶたになってしまい眼球が圧迫されたり

 

お鼻にいたっては

右の鼻の穴の鼻柱と鼻先の境目あたりが

ふとした時に切れてしまったり

 

 

などなど…

毎年悩まされております

 

 

まぶたもお鼻も

洗顔の際はかなり沁みて

痛みを耐えぬく忍耐行事のようになるのが

日々の悩みとなっておりました

 

 

しかし最近

「お塩で洗って炎症が治った」

という投稿を目にしました

 

 

その投稿をされた方は

出産後に酷い手荒れに悩まされてしまいます

様々なお医者さまにかかって

抗生剤やホルモン剤など

様々なお薬を処方され試したけれど悪化する一方で

打つ手もなく心が折れそうになっていたところに

「塩水に浸けたら炎症が治った」

という投稿をたまたま目にしたそうです

個人の経験談ではあるものの

藁をも掴む想いで実践を決意

すると

数日で手荒れが引いて

今ではツルツルピカピカに完治されたのだそうです

 

 

私もこの方と同じく

この方の投稿をたまたま目にしました

 

目にしたタイミングは

先月の出雲大社にお伺いした頃です

 

島根県で宿泊したホテルには温泉があって

塩味のあるお湯だったんですね

その温泉で毎日お顔を洗ってましたが

凄く調子が良かったのです

 

 

それと重なって

そうだ お塩で顔を洗おう

と思いまして

今は毎日

塩水で顔を洗っています

 

 

すると確かに調子が良いのです

 

 

使っているお塩は

アートテンテクノロジーで作られた

乙姫のお塩

 

 

お料理に使えば

アートテンのエネルギーを取り入れる事が出来る

良いお塩を使っています

 

それも関係しているかもしれません

 

 

 

洗顔方法は

 

●洗面器一杯に対して

大さじ1〜2杯程度のお塩を入れて溶かします

舐めるとほんのり甘み(塩味)を感じる濃度です

 

●石鹸などは使わずに

その塩水だけでお顔を洗います

 

●洗い上がりは水で流したりせず

そのままタオルで水分を取り化粧水などでスキンケアをします

 

 

 

これを朝晩行っております

 

 

やってみるとわかるのですが

傷口がしみません

目もしみません

(水だけで洗うと目がしみませんか?)

 

水で洗うよりも柔らかい水質になり

肌への負担が軽く感じます

 

洗顔

速やかにスキンケアをせねばと急がずとも

肌が急激に乾燥したりしません

 

良い事づくめでした

 

注意すべきは

天然塩を使用する事

科学的なものが加えられたものでは

その効果は得られないでしょう

 

 

お塩は人間にとってとても大切なものだと言います

減塩が騒がれている昨今ですが

私たちからお塩を抜く事は

命に関わる事です

 

そんなお塩ですから

肌に優しいのは当然なのかもしれませんね

 

 

海は大きな塩水ですが

あれだけ広大な塩水が

地球上で7割もの範囲で存在するという事は

それだけ要であるという事なのかもなと

洗顔を通して感じた

今日この頃です