大神神社へ

f:id:nakatakaori:20181103215655j:image

 

思い立ったが吉日。

友人とのお話での流れから、

大神神社へとお参りに行ってまいりました。

 


f:id:nakatakaori:20181103215644j:image

 

早朝。

大阪都心部とは逆方向へと進む電車は、

人も少なくて空気も穏やか。

 

駅のホームも静かで、

清々しさも一入でした。

 

 


f:id:nakatakaori:20181103215704j:image

 

キラキラと輝く第2の鳥居。

緑も生き生きと美しく、

空氣が美味しいですね。

 

ご祈祷をお願いし、

三輪山にも登拝させていただきました。

 

今回は、

初めて裸足で登拝いたしました。

 

最初は足の裏が痛かったのですが、

徐々に慣れてくるのと、

段々と地面と足の裏との息が合うといいますか、

どこを歩くべきか、

どこに足を運ぶべきかがわかるようになる、

…ように思います。

 

踏み固められた硬い土の上、

水分を含んだもの柔らかい土の上、

落ち葉の重なった柔らかい草の上、

石がゴロゴロ落ちている凸凹道、

冷たいところ、温かいところ、

 

色んな感触が足の裏で感じられ、

その度に、

しっかりと支えてもらっているような、

守られているような感じを覚えます。

 

とても不思議な心地でした。

 

 

どう登るのか、

どう降るのか、

一歩一歩ゆっくり進み、

確かに地に踏み下ろし、

大地を掴むかのようにして、

慣れても傲る事なく、

氣を抜く事なく、

丁寧に丁寧に歩を進める。

 

人生と同じ、

大切な事が、

登拝の道中での教えにありました。

 

なんと有難い事でしょうか。

 

 

 

「心を大切にする」

 

ご祈祷をしていただいた後に、

神職の方よりお話いただいた中に、

このような言葉を頂戴いたしました。

 

これから、

私たちが本当に大切にしなければならない事、

それこそが心を大切にする事だと思います。

 

古より大切にされて来た事は、

時代の流れに伴って、

いつの間にか消えつつありましたけれど、

大切な事は必ず、

こうして再び巡って来ては、

私たちに語りかけてくれるのですね。

 

それに氣付ける自分でありたいものです。

 

久延彦さんにお参りしたら、

その横にある展望台からは、

冒頭のような綺麗な景色が広がって見えました。

 

 

 


f:id:nakatakaori:20181103215650j:image

 

三輪と言ったらそうめん。

いつもここのお茶屋さんで、

山菜にゅうめんをいただきます。

 

一年が過ぎるのが早く感じるのは、

それだけ良い毎日を送られたからと言えるでしょうね。

 

そんな温かいお言葉を、

お茶屋さんの女将さんから頂戴しまして、

心も身体もホクホクとなりました。

 

いつも、

心を温かくしてくださる会話を、

こちらの女将さんはしてくださいます。

それがいつも嬉しいのです。

 

 

 


f:id:nakatakaori:20181103215659j:image

 

おやつ代わりに結んだおむすび。

ひじきの混ぜご飯のおむすびです。

 

3つ結んで、

三輪へ到着する前に、

2つが胃の中に収まっておりました。

 

我ながら食いしん坊だなぁと、

楽しみながらのお参りでした。