割れ窓現象

f:id:nakatakaori:20180919145415j:image

 

 

お参りをした直後の

境内のキラキラした景気が好きだ

来た時よりも眩しく

本当に輝いている

ちゃんと

天との会話が出来たんだなぁと

その度に思う

 

 

 

「割れ窓現象」

 

 

という言葉をご存知だろうか

割れ窓理論」の方が一般的かな?

 

 

例えば

 

学校で1枚のガラス窓が割れていたとする

「1枚だけだし」と

いずれ修理しようとその窓を放置していると

学校はどんどん荒れていく

 

綺麗に掃除された部屋を

ほんのちょっとでも散らかして直ぐに片付けないと

そのまま散らかっていく

 

街角でちょっとゴミが放置されていたら

そこにどんどんとゴミが捨てられて汚れていく

 

ほんの些細なミスや不正を見て見ぬ振りをしていると

大きなミスやとんでもない不正へと繋がっていく

 

そんな現象の事を意味する

 

 

どんなに些細な事でも

放っておいてはいけない

気付いたその時に対処しなければ

後々大きな影響を与えてしまう

 

ちょっとくらいいいだろうは

大方「ちょっと」では済まなくなるのが

理りのようなものだ

 

 

 

これは心理的なところに影響を及ぼすのだけど

物理的な現象だけでなく

心理的な現象にも

割れ窓理論」は当てはまる

 

 

 

例えば

 

独り言であったとしても

相手への不満や

相手を蔑むような言葉を発してしまうと

それをきっかけにして

自分の心をどんどんネガティブへと追いやってしまう

 

文句を言うのが当たり前になり

文句を言いたくなる現象を引き寄せる

 

それに気が付いて止めない限り

深く深くはまっていってしまう

 

 

 

よく観る事の大切さ

見つけたのなら

それを無視せずに向き合い対処する事の大切さ

 

物理的にも心理的にも精神的にも

気付く事

向き合う事

改善し正す事

丁寧に扱う事は

自分のためにも人のためにも大切だという事だ

 

 

自分自身の中に

「割れ窓現象」「割れ窓理論」となるものはないだろうか

 

 

よく観るんだよ

よくよく観るんだよ

 

 

いつも心を美しく保てるよう

心掛けておこう