入れ替わり

f:id:nakatakaori:20180902213436j:image

 

 

一年前の今頃は、

吹き出物が大爆発しておりました。

 

思春期にも出なかったような、

大玉の吹き出物ばかりが顔中に出来て、

化粧水も乳液も効かず、

化粧などしようものなら、

ファンデーションを塗ったそばから剥げてしまうのうな、

そんなコンディションの肌になってしまっていました。

 

実は肌だけではなく、

まつ毛も抜けてしまっていたのです。

 

 

私のまつ毛は、

上下とも長さも量もあり、

ビューラーで上げると、

それなりにマスカラが映えるようなまつ毛だったのですが、

一年前の肌の不調期間は、

まつ毛が抜け、

長さも今までの半分となり、

ビューラーでも上げられない、

マスカラをつけても瞼に隠れて皮膚に付着する、

メイクしててもノーメイクに見えるような状態でした。

 

 

身体に変化が起きている事はわかってはいましたが、

もしかしたら年齢のせいなのかしら?とか、

私の第2形態がコレなのかしら?とか、

過渡期として捉えるよりも、

この状態に落ち着くのかもしれないなと、

心の何処かで覚悟しておりました。

 

どうせつけてもあまりわからないのであれば、

メイク落としの際に負荷もある事だしと思い、

それから長らくマスカラをつけないで過ごしておりました。

 

 

 

ところがここ最近、

人前に立つ事も増えた事から、

久しぶりにマスカラもつけたフルメイクを施すようになりました。

 

久しぶりにビューラーでまつ毛を上げますと、

以前のようにしっかりと、

毛量も長さも復活している事がわかりました。

 

 

今現在は、

お肌もほぼ改善して、

メイクのノリや肌の艶も大きく変わりました。

 

恐らく、

まつ毛も含めて、

強烈な猛烈なターンオーバー

細胞の生まれ変わりが起きたのではないだろうかと思っています。

 

 

肌荒れが始まってからは、

口にするものは明日の私、

と思いながら、

お水や食べ物などにこれまで以上に気を配りました。

 

それと同時に、

身体の外に出てくるものは、

身体の内に隠れていた不浄なものですので、

物理的な毒素だけではなく、

感情もそう、

潜在意識と顕在意識のズレ、

未消化の想い、

不浄な想いなどの解放と捉えて、

自分の内側で何が起きているのかをしっかりと観察し、

逃げる事なくしっかりと向き合いました。

 

 

その結果が「今」なんだろうと思います。

 

身体が心と力を合わせて、

しっかりと心身を整えてくれていたんだろうと。

 

 

あの時はかなり辛かったのですが、

そのおかげで今があり、

あの苦しみを越えてくれた身体と心には、

本当に感謝です。

 

 

外見は内面の「一番外側」

と言います。

 

皮膚に何かしらの症状が出た場合には、

内側からのメッセージがあるという事です。

 

ただ、

外側からのアプローチをするだけでなく、

内側もしっかり見つめて、

ありのままを受け入れる事も重要なのだとかんじます。

 

心も身体も、

「私」を心地良くする為にのみ、

「私」を形成する働きをしてくれています。

「私」の潜在意識にある想いに忠実に、

いつも「私」の為に働いてくれています。

 

「私」への感謝、

慈しみ、

慈愛の心を、

忘れてはいけないなぁと改めて思いました。

 

たかがまつ毛ですが、

大変な状況を乗り越えて帰って来てくれたのですから、

色々と思い馳せてしまいます。

 

 

全ては過ぎ去っていく、

無常である、

いつでも新しい自分である、

 

身を以て教えてくれたとかんじた経験でした。