仕事の人間関係から得られるもの

f:id:nakatakaori:20180901082352j:image

 

仕事をする事には、

様々な理由、動機があると思います。

 

それがどんな理由であれ、

その人の決めた目的であるので良いのですが、

 

働く事に慣れてくると、

仕事にどっぷり浸かってしまって、

いつの間にか仕事に支配されてしまいます。

 

 

私は大丈夫、

そんな事は絶対にありません。

 

 

そう言う人もまた、

仕事に支配されています。

 

 

何が支配なのか、

気付いていないのですね。

 

 

 

例えば、

 

 

 

ちょっと迷惑だなと感じるお客様がいらしたり、

ご不満の声を聞いたりと、

こちらの調査が乱れる出来事が起きた時に、

 

最初は、

至らない点があったのかしら?

と自身を省みるのですが、

慣れて来ると、

 

それなら来なければいいのに!

こっちはいつも通りちゃんと対応したのに、

何が気に食わないのか不満を連ねている!

常連なのだから、

ちょっとは理解してくれたっていいのに!

 

なんて、

相手もどうにか立ち回りなさいよ!

と言わんばかりの言葉が溢れて来たりします。

 

 

取引先が融通が効かなかったり、

無理難題を吹っかけてきたりと、

業務に支障を来すような事が起こった時に、

 

最初は、

それが出来ないなら仕方ないかなと引き下がったり、

どうにか対応しないと迷惑をかけてしまうかなと、

無理を引き受けてしまったりしますが、

慣れて来ると、

 

融通を通してもらう為に無理難題を吹っかけたり、

引き受けながらもちょっと手抜きしてみたり、

影でグチグチ文句を言ったりしてしまいます。

 

 

相手がおかしいと言いながら、

同じ土俵に自ら率先して立っているのです。

 

そして、

自分の言動に表と裏を作り出します。

 

そのようにして上手く渡っていく為の処世術だ、

 

なんてキレイに言っても、

言い方を変えればそれは、

仕事に支配されているという事です。

 

本当の自分を忘れて、

本当に望む幸せを忘れて、

 

自分の口からネガティブな言葉を吐く事を許しているのです。

 

仕事に支配されているのですが、

ネガティブな言葉を吐く事への正当な理由として、

仕事を上手く利用している、

強かさがそこにはあるのです。

 

その積み重ねで、

自分を傷付けているのです…。

 

 

その渦中にいると気付きません。

周りみんながそうだから、

それが当たり前のように感じてしまいます。

 

正義という名の元に、

大勢で一人を貶める事も厭わない、

集団意識の盾にぬくぬくとしながら、

自分自身を貶めていくのです。

 

 

改めて一般社会に紛れて、

周りを見回す事で、

そう言った事が当然のように存在する世界である事に、

かなり驚かされます。

 

だけどそれは、

確かに私がかつていた世界でした。

それは私自身でした。

 

だから余計にショックだったのですけれど。

ショックというより恥ずかしくなりました。

 

 

 

ご自身はどうでしょう?

心当たる事はありませんか?

 

 

 

仕事をする上で大切なのは、

一生懸命に仕事をする事も大切かもしれませんが、

俯瞰で出来事をしっかりと見る、

という事だと思います。

 

生活の為に働いてはいますが、

大きな目的は本来それではなく、

その中で起こる出来事から、

経験したい事を得る為に、

適した環境として選んだ場所なのです。

 

そんな環境を活用するには、

中心に寄り過ぎぬよう、

俯瞰で全体を見渡すように、

観察眼を鍛えておく必要がある訳です。

 

 

前々から、

自分をしっかりと観る事、

観察する事の必要性を書いていますが、

プライベートでも仕事でも、

それは変わらず行う必要があるのですね。

 

出来事に振り回されず、

自分軸をしっかりと立てる事、

常に平静である事、

それらを鍛えるには、

仕事の人間関係というのは打って付けの学びの場。

 

誠意を持って働く事は大事な事です。

仕事に支配されていると言っても、

多くの方は誠意を持って働いています。

だからこそ、気付きにくい。

 

自分の言動の理由に仕事を利用するのならば、

ポジティブな言動の理由として利用したいものです。

自分の言動はどうなのか、

常に気付いていなければ、

そう出来ているのかどうかもわかりません。

 

 

よく観るんだよ、

よくよく観るんだよ。