香り

f:id:nakatakaori:20180809083045j:image

 

道端でローズマリーを見つけると、

いつも香りをおすそ分けしてもらっています。

 

枝を軽く摘んで、

葉先までスッと滑らせると、

指先にほんのりローズマリーの香りが着くのです。

 

それを、

歩いている時に時々指先の香りを嗅いで、

ひっそりと心ほくほくしています。

傍目には変な人に見えるかもしれませんね。

 

 

こういう自然な香りを楽しんだり、

医療レベルのエッセンシャルオイルを使うようにやって、

化学的な香りが更に苦手になりました。

 

 

香水や、

香料の強い化粧品類、

シャンプーやリンス、

柔軟剤など色々あります。

 

 

かつては香水を愛用していたんです。

だけど、

今は無理そうです。

 

香りを纏いたい時は、

精製水にラベンダーの精油を入れて作った化粧水を、

下着などにスプレーしたり、

その時の気分の精油を手首に塗ったりしています。

 

2時間もすれば自然に消えますし、

自然な香りなので気分も悪くなりません。

反対にスッと軽くなるんです。

 

 

数年の間で随分と感じ方が変わったようです。

 

 

香りは、

心の状態に優しく大きなサポートをしてくれますし、

とても重要なお役割があるなぁとかんじます。

 

また、

嗅覚を通して脳に直接刺激が行くでしょうから、

様々な影響を考えると、

より自然に近いものを使用するのが良いのだろうなぁと思います。

 

自然な食事をするのと同じで、

自然な香りを楽しむ。

 

 

生活の中に、

1つでも多く自然なものを取り入れていけたら、

色んな変化を感じられらるかもしれませんね。

 

私たちは自然の一部ですから、

「自然」である事は自然な事ですもの。