理想とする人

f:id:nakatakaori:20180806083814j:image

 

 

社会の中にいると、

本当に色んな人に出会います。

 

その出会いの中には沢山の気付きがあって、

ごく普通に見える人にさえ、

色んな事を見せてくれます。

 

そこにはかつての自分がいて、

あの時は自分が何をしているのかもわからずに、

その時その時の判断で、

というよりも反射で、

言動がなされていたのかもしれない、

そんな風に振り返る機会にも出会います。

 

 

自分の理想とするパートナーとして、

優しい人だとか、

自分を受け止めてくれる人だとか、

行動力のある人だとか、

色んな理想を挙げることが出来るだろうけれど、

 

ネガティブな事を言わない、

ネガティブな思考で行動しない、

 

究極にはこれに尽きるような気もするなぁと、

しみじみかんじます。

 

 

それは、

弱音を吐かないという意味ではありません。

 

色んな事がある世の中、

喜怒哀楽があるのは当然の事。

それは豊かに味わい尽くせば良いと思います。

 

出来事に対して批評をしたり、

何かと蔑むような表現をしたり、

自分や他人を問わず、

そんなネガティブな思考を基盤として物事を語るのは、

私は好きではない、

 

つまり、

そのような言動をしない人と共にありたい。

ネガティブな言動をしない人が良い、

という事です。

 

 

もちろん私自身もその要素があり、

そのように生きていた時もありました。

 

だからこそ"それは嫌だ"とわかっているのです。

 

 

今の私にはそれが大切なんだなぁと改めて思います。

 

 

自分自身、

そんな言動をしていないか、

しっかりと観察せねばなりませんね。

 

結局のところ、

自分を律するというところに辿り着きます。

 

世の中の出来事は全て自分の為にある、

そう思います。