思ったら直ぐに

f:id:nakatakaori:20180803083355j:image

 

 

36歳の私。

 

ある事に関心を持ち、やりたいなぁと思った。

今から始めたとして、あと4年で40歳。

40歳かぁ…。

ちょっと始めるのには遅かったかなぁ。

さすがに無いかなぁ。

 

 

と思って結局やらなかった。

 

 

それから4年の月日が流れ、

40歳を迎えた。

あの時、一つのボーダーラインとして、

リミットとして線引きした年齢に実際になった。

 

 

そういえばあの時、

アレをしたいと思っていたな。

あの時に始めていれば、

4年もの経験を得ている事になるのか。

 

4年も続けていたなら、

それなりの成果が出ていたかもしれない。

その経験が新たな扉を開け、

全く違う世界を体験していたかもしれない。

 

あの時、

出来たんじゃないのか?

 

あの頃と今と、

何が変わっているだろうか。

 

4年間、

やりたいと思ったそれをやらないまま、

やれないまま、

何の成長もなく過ごしてしまっていたのではないか。

 

あの時、

何故始めなかったのだろう。

始めるのが遅すぎるなんて事、

全然なかったのに。

 

迷わずにやれば良かった。

やれば良かったなぁ。

 

 

 

 

 

始める時には、

まだ来ぬ未来を懸念して、

その懸念していた未来になった時には、

過ぎた過去を後悔する。

 

年齢という制限は、

やらなくて良い理由、

やらない理由を確立する為のツールに過ぎない。

 

本来なら制限などないとわかっているのだけれど、

何かと理由を見つけては、

今の自分、やらない自分でいる事を維持したがる。

 

そんな風に、

エゴさんはいつも頑張っている。

 

エゴさんの働きの糧となるのは、

 

これをやったらどう思われるだろう、

出来なかったら恥ずかしい、

周りはみんな若いはず、

自分なんて浮いてしまうのではないか、

 

恥ずかしい、

失敗したくない、

怖い、

よく思われたい、

 

そんなネガティブな想いだ。

 

 

やりたい!

面白そう!

 

という単純なワクワクは、

そういったネガティブな想いに潰される。

 

本当はもっとパワフルなエネルギーなのだけれど、

エゴ優位だと、

簡単にねじ伏せられる。

 

 

そんな風に、

自分をネガティブなエネルギーで満たす事を、

常々自分に許可しているという事、

それを先ずは認識しなければならない。

 

不本意なはずだ。

ポジティブに、

豊かで光ある世界を望んでいるはずなのに、

自分に与えているのはネガティブなエネルギーだなんて。

 

 

だけど嫌悪する必要はない。

 

それを認識したならば、

今から行動すれば良い。

遅すぎるなんて事は一つも無いのだから。

 

 

些細な事から行動すればやりやすい。

 

 

あのお菓子が食べたい。

→食べよう。

 

あれが見たい。

→見よう。

 

あれなんだろう?

→覗いて見よう。

 

あそこに行きたい。

→行こう。仕事中でも行こう。

 

 

 

思ったら直ぐに。

小さな事からでいい。

 

遅すぎるなんて事はない。

 

 

やろう。

 

やってあげよう。

 

 

全ての恥じらいを手放して、

自分の為に。

 

本当の豊かさを味わおう。