ワンコの思い出話

f:id:nakatakaori:20180715171704j:image

 

写真は猫ですが…。

 

 

私が12歳の頃から、

シーズーを飼っていました。

18歳5ヶ月の大往生。

長生きしてくれた可愛いワンコです。

 

 

私はこのワンコが大好きで、

幼い頃から毎日はちゃめちゃに遊んでいました。

そのおかげもあってか、

ワンコも私の事が大好きだったみたいです。

 

毎朝、

私の部屋に6時に来てはワンワン吠えて叩き起こし、

帰宅すると、

尻尾をブンブン振って大歓迎。

私が寝転がると胸に乗って顔を舐め回します。

その勢いで追いかけっこをして、

本当に沢山遊んで沢山可愛がりました。

 

 

先日、

そんなワンコの思い出話になりまして、

母親から初めてのことを聞いたのです。

 

それは、

 

私が出掛けた後、

いつも階段を上って私の部屋へ行き、

私のベッドで寝ていたんだそうです。

 

 

飼い主のベッドで眠るのは、

飼い主の匂いが残る場所が一番安心出来るからと言います。

 

私を信頼してくれてたんだなぁと思って、

なんか嬉しかったです。

 

 

ワンコが旅立ってもう10年近くになりますが、

久しぶりの思い出話。

未だ鮮明に覚えている愛らしい姿。

 

 

やっぱり、

私も大好きだったんだなぁと改めて思いました。