うたた寝の感覚

f:id:nakatakaori:20180627201226j:image

 

うたた寝の時というのは、

自分の意識が、

あちらとこちらを行き来しているような、

そんな感覚になります。

 

身体はここにあって、

一部の意識が繋がったまま、

ほとんどの意識があちらの世界へ出向き、

様々な体験をしている…

 

というのが客観的にわかるのが面白い。

 

 

シュルルルルル〜スポンッ!

と意識が戻って来て、

「今ここ」です、

とわかるのも面白い。

 

 

 

眠っている間の私たちの魂は、

宇宙にある魂の故郷に帰って、

宇宙会議をするのだと言います。

 

地球での学びは順調かどうかを確認したり、

必要なメッセージを受け取ったりして、

じゃぁまた頑張ってくるね!

と帰って来る訳ですが、

感じる事、直感力、意識の純度などが鈍いと、

メッセージの殆どがエゴフィルターに引っかかって、

目覚めた時に覚えていられないのだそうですよ。

 

 

その、

自分の魂が身体から離れて宇宙に帰り、

メッセージを持って帰って来る感覚というのが、

先に書いたうたた寝の感覚と同じ。

このメカニズムで起きているんだと思います。

 

うたた寝って、

ほんの一瞬の出来事なので、

離れた戻ったの感覚両方を一瞬で体感出来ますよね。

 

あ〜、こんな感じなのか〜、

と参考にするには良いかもしれません。

 

 

肝心のメッセージについては、

初めのうちは「夢ノート」を付けるのが一番良いと思います。

 

目が覚めたら起き抜けにノートに記す。

なかなか最初は大変ですが、

慣れれば大丈夫。

 

メッセージの内容も、

ただただ夢の内容を書き綴るだけですけれど、

時々ふと言葉が浮かんだりする事があります。

あのシーンでこう言われたな、とか、

こういう意味だったな、とか。

そんな風に徐々に受け取れるようになってきます。

 

それと並行して、

自分の心と向き合う事や、

自分の言動を意識するなど、

心の浄化に努めたり、

瞑想してみたりも必要になりますが、

 

それぞれに段階がありますので、

やりやすいものからやってみるのが良いかと思います。

 

 

うたた寝

いいですよね。

 

 

眠たい時は眠るに限ります。

 

宇宙から呼ばれているのですから、

一旦帰ってから考えれば良いですよね。

 

魂と身体、

それぞれを感じられるきっかけにもなるでしょう。