生を終える時

f:id:nakatakaori:20180624020541j:image

 

この地球での生を終える時、

その生き方や内容についてジャッジするのは自分です。

裁きを与えるのも自分です。

 

他人もいくらかは言うでしょうけれど、

それだけでは何も意味をなさない事は、

その時にわかるでしょう。

 

自分の心に嘘があったり、

自分の利益になるよう仕向けたり、

表の感情とは全く真逆の邪な狙いを持って行った事は、

誰よりも自分の心に刻まれて、

いざと言う局面で突き付けられます。

本当の自分が自分に対して真実を曝け出します。

 

その真実は、

自分だけが知っています。

他人には上手く隠せても、

自分だけは真実を知っています。

 

自分は「知っている」のです。

 

 

これまでもずっと言われて来た事であり、

これからもずっと変わらない事ですが、

 

自分にとっての真実は何か、

本当の自分とは何者なのか、

 

しっかりと把握するよう努めなくてはなりません。

 

あらゆる場面で示してくれています。

それを正面から見なくてはなりません。

 

自分にとっての真実も、

本当の自分も、

隠しておく必要なんてないんです。

 

愛に基づいて行動する事を恥じる必要はないですし、

私たちは愛である事を隠す必要もありません。

 

何のために生まれて来たのか、

何をなすべきなのか。

 

この地球での生を終える時、

それを達成しなかった事ではなく、

それを成そうとしなかった事に気づき、

悔いるかもしれません。

 

せめて、

やれるだけの事はやったと思えるように、

 

よく見るんだよ。

よくよく見るんだよ。

 

自分を愛し、

自分を信頼し、

愛に基づいて行動し、

自分が愛であると示しましょう。