目の前にある可能性とは

f:id:nakatakaori:20180622114417j:image

 

 

過ぎた事や変わらない過去に正しさをもとめるなら、

それに対する可能性は潰えてしまう。

 

目指すものやあるべき姿の目標を示すなら、

それはこの瞬間から変化を始める。

 

 

原因があって今がある、

目的があって今がある、

 

これらは同じようで違う考え方だ。

 

私たちが変えられるのは今と未来だけ。

だけど、

どうしても過去の出来事に拘ってしまう。

自分がされた事、

誰かの悪行、

どうしても埋め合わせたいと考える。

 

そこで、

私たちに課せられた学びは、

「赦し」だ。

 

変えられない事、

過ぎた事として意識から手放す事だ。

 

それでも繰り返されるように思うなら、

それをそのまま受け止めて、

その場から立ち去る事だ。

 

変わらぬものは変わらなくて良いとし、

別の環境に身を置くと選択する事だ。

 

自分の今を変える、

自分の未来を変える、

そういう選択をする事が「赦し」に繋がる。

 

相手にも可能性を与える事になるだろう。

 

誰からも奪わないで、

ただ、

「今」を生きる事を選択する。

 

これからの私たちの重要な学びは「赦し」。

そして、

愛と慈しみの心でもって相手に対する事だ。