最低限のものだけでいい

f:id:nakatakaori:20180618231759j:image

 

 

今一度、

自分の周りにあるものは、

本当に必要なものなのか、

確かめてみませんか?

 

物に溢れているという事は、

今回のような地震が起きた時に、

それだけ凶器に囲まれているという事です。

 

自分の身長よりも高く積まれた本、

本棚なんかもそうですね。

転倒防止策をしていない棚は、

それだけで凶器です。

勢いよく飛び出して来た本は、

それだけで凶器です。

 

それが、

ある程度の硬さのあるもので、

そこそこの重さがあるものだったなら…。

 

命を甘んじてはいけません。

大切な命、

大切に生きるためにすべき事はしなくては、

人事を尽くして天命を待つ、

それこそが自分への愛です。

 

 

物に対しての過度な愛着は執着です。

渇望という名の恐怖心です。

その恐怖心を手放さなくてはなりません。

 

部屋は心の鏡と言います。

散らかった状態であり続けると、

大きな事が起きた時にどうなるか、

物理的に示されましたね。

 

散乱した物によって散らかった部屋。

割れた食器やガラス、プラスチック片などの処理は、

怪我の危険からそう簡単に出来る物ではありません。

ダメージはかなりのものです。

 

 

そうならない為には、

日頃から部屋を整えておく必要があります。

物を減らして自分に危害が及ばない配置にするなど、

自分への配慮も必要になります。

 

心も同様です。

 

むしろ、

心を整えなくては物は減らせません。

執着のタネは根深いですから。

 

 

この世の中は、

無意識下の集合意識の反映で、

人々の心の奥底には、

不安や恐怖が根付いている為、

戦争や争い事、

事件や事故、

更には自然災害も無くならない、

と言われています。

 

私たち一人一人が、

心を整理し、

部屋を整理し、

多くを得る事を望まず、

最低限のものだけで満足出来る状況になれば、

世界は変わるという事です。

 

それは貧しさを意味しているのではありません。

足るを知るという事です。

本当の豊かさを知るという事です。

本当のエネルギーの循環を起こすという事です。

 

 

だからこそ、

自分に集中して、

ネガティブな物事にフォーカスせず、

何も所有しないありのままの自分の素晴らしさを認めて、

不要な感情を手放し、

物理的なものも手放し、

どんどん身軽になっていく事は、

世の中への貢献になります。

 

結局は何事も、

自分の心の在り方をいつも問うています。

渇望と嫌悪から来る執着の有無を問うています。

 

 

最低限のものだけでいいんです。

何も所有しなくてもいいんです。

 

そんな事も、

この機会から学びたいですね。