大阪の地震

f:id:nakatakaori:20180618144029j:image

 

18日 7:58頃、

大阪の北部を震源とする地震が起きました。

 

震源付近とされる高槻市茨木市では、

水道管の破裂や道路の陥没、

火災も発生しているようです。

 

他にも色んなところで、

10万戸以上でガスの供給が止まったり、

断水があるなどの影響があるようです。

残念ながら犠牲になってしまった方もあるようですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

私の住まいは震源に近く、

阪神淡路大震災の時よりも大きな揺れを感じました。

 

下から突き上げるようなドーン!という振動の後、

ゴゴゴゴゴ…という地鳴りと、

強風の音とで不気味な音が響いていました。

 

これは震度6強はあったのではないか?

と思うほどの体感でしたが実際は震度4。

3階だったから余計に揺れたのでしょうね。

 

幸いにも軽いものが床に落ちた程度で、

被害という被害は全くありませんでした。

念の為、湯船に水を張って、

もしもに備えて慌てぬようゆっくり過ごしています。

 

 

我が家から震源までの距離を測ると、

本当に驚くほど近い場所なのですけれど、

この被害の差は何だろう?と思ったのですが、

大阪北部に横たわる淀川が被害を分けた、

淀川によって助けられたように思います。

 

私が勝手にかんじてるだけですけどね。

老朽化した建物はどこであれ、

大きな揺れに影響を受けている事でしょう。

 

 

大阪は活断層が沢山あるそうですが、

実のところ、

そんなに地震のイメージがない土地です。

災害にあまり縁の無い土地です。

 

そんな大阪に地震が起きた。

 

何でもかんでも不思議話にするのはどうかとも思いますが、

後3日で夏至を迎えるその直前での直下型地震

陰陽の入れ替わりの報せかもしれませんね。

 

陰謀説好きには、

「18日」という数字に反応している人も多いようですが…

 

ともあれ、

地球に大きなエネルギー運動が起こったという事は、

何かしらの変化の時を迎えているのは確かなのだろうと思います。

 

自分がどういう意識を持つべきなのか、

考える機会を与えられたのだと思います。

眠った精神性を呼び覚ます機会です。

 

全てが一瞬で崩れ去り、

手元に何も無くなってしまっても、

命がありこの世に存在する事だけで、

生き残った方々の励みになります。

 

想像してみてください。

何もかもが崩れ去ったところに生存者を発見したら、

きっと涙が出る程嬉しいはずです。

 

被害の大きさに違いはあれど、

被害の有無関係なく、

私たちの命は素晴らしく尊いもの、

誰かの力になり得る存在である事、

ただ存在するだけで、

深い意味がある。

 

そんな事を改めて感じてみましょう。

当たり前の存在ではないのだと深く理解しましょう。

 

 

まだまだ予断の許さない状況かもしれません。

大阪付近の方々は出来るだけ備えて、

安全も確保してくださいね。

 

被害がこれ以上広がらないよう、

最小限にとどまるよう願うばかりです。