たまたまのシチュエーション

f:id:nakatakaori:20180618022352j:image

 

たまたま行った場所、

たまたま入ったお店などで、

 

とっても静かなのに、

大声で話しをしている人がいたり、

 

隣に座った人が、

猛烈に愚痴を言い合っていたり、

 

あまり心地良さを感じない。

そんな場面に出会う事がありませんか?

 

 

聞かないように、

意識しないようにすればするほど、

その会話だけが耳に入って来ます。

面白いですよね。

 

もう仕方がないので、

そんな時はしっかりと聞く事にしています。

 

わぁ〜良くそこまで罵る事が出来るなぁ、

自分はやってますアピールが凄いなぁ、

そこまで言う程の事ではないけどなぁ、

もう何やっても非難するんだろうなぁ、

仲間を集めて非難するって怖いなぁ、

凄い顔だなぁ、

 

失礼ながらそんな事を考えています。

ホント失礼ですね。

でも、

愚痴や非難を口にする時の人の顔って醜いものです。

 

そして、

こんな場面に出会うというのにも意味があって、

全て自分を映してくれているんですよね。

 

 

私もかつては、

誰かを非難したり愚痴を言ったり、

その為だけに友達と思っていた人とお茶したりしてました。

醜いものでしたよ。

 

その時の自分を、

その方々を通して見てるんです。

とても恥ずかしくなります。

ごめんなさいと何度も心で謝ります。

 

或いは、

あまり表に出していない感情を、

私の代わりに出してくれているんだとも思います。

 

客観視すれば冷静になりますし、

本気で怒りを抱えなくて済みます。

有り難い事ですよね。

 

 

居心地が悪いなぁと思うシチュエーションでも、

何かしらのメッセージがあります。

 

無理してそこに居座る必要はありませんが、

一度はそんな風に観察するのも良いと思います。

自分が何に苛立ちを覚えるのかを知る事にもなりますから。

楽しめたら尚良しです。

 

ほどほどに観察した後は、

自分の心地良さを優先してその場を去るなり、

環境を変えるようにしましょう。

心新たにワクワクに意識を向ける事こそ、

それらの感情を手放す事に繋がりますから。