感動の変化

f:id:nakatakaori:20180612020556j:image

 

これまでに、

本当に沢山のものを手放して来ました。

ほぼ全部手放したと思います。

(正確には物理的なものが多くを占めており、心の中の重要なものはまだまだ残っています。)

 

 

手放してしまうと、

段々と価値観が変わって来ますね。

段々と変わって来ていた価値観が定着する、

と言った方がしっくり来るかな?

 

あの頃、喜びを感じ感動していた事も、

今、同じ事をしたとして、

同じような感動は生まれないと思います。

きっと違う感覚なはず。

 

以前は、

「こうあらねば」

「こうありたい」

「こう感じて欲しい」

というような気持ちが強かったのですが、

今は、

「どうでもいい」

という気持ちがどんどん大きくなっています。

気にならない、お好きにどうぞ、

みたいな。

響だけ聞くと突き放した感じですが、

どう在ってもいいですよ、

どのような存在であってもいいですよ、

という意味の「どうでもいい」です。

 

以前から思っていた部分もあるのですが、

今思っているのとは少し違うんです。

繊細な区切りが見えてきたというか。

言葉には表し難い、

棲み分けのような区分けするような、

何ともスッキリしない表現に留まってしまう、

本当に繊細な感覚です。

 

 

常に常に、

変化し続けていますが、

これからも更に変化していくのでしょう。

もっと繊細に、微細に、

純度が高まっていくのだろうとかんじます。