現在を作るのは

f:id:nakatakaori:20180608110234j:image

 

 

潜在意識というのは、

「私」「あなた」「彼」「彼女」

といったような「誰か」を示す人称を識別しないそうです。

全て自分の事として認識するのだとか。

 

「あの人は仕事をしない」

という表現は、

「仕事をしない」

という部分だけが認識され、

「私は仕事をしない」

という状況を引き寄せてしまうのです。

 

「私はちゃんと準備して来たのに、

あの人がちゃんと準備してくれないから、

案件が進まない。」

 

というような時、

「私は仕事をしない」

という潜在意識の認識を叶える為に、

ちゃんと準備をしないあの人を引き寄せてくれているわけですね。

 

 

更には、

否定形の表現も認識しないそうです。

 

「私はバカではない」

という表現は、

「バカ」という部分だけが認識され、

「私はバカだ」

という自己否定の感情を強化してしまいます。

 

「あの人は口だけで全然やらない。自分に都合の良いようにばかりで腹がたつ。嫌いだ。」

 

といった誰かの愚痴を言ったりすると、

人称を識別しないので、

 

「私は全然やらない。私に腹がたつ。私が嫌いだ。」

 

と、それらは全て自分への否定になります。

 

 

顕在意識よりも潜在意識の方がパワフルで、

具現化の力があります。

 

「思考は現実化する」

と良く言われていますが、

このような仕組みで潜在意識に影響を与え、

いつもそれが叶っている状態なのですね。

 

「周りは自分の鏡」

 

思考により影響された潜在意識が、

心の中を顕現して自身に示してくれています。

それらを良く観る事で、

今の自分がどのような思考なのか、

どのような思い込みがあるのかを知ることが出来るのです。

 

 

その為には先ず、

相手の良いところを見つける事から練習します。

 

仕事が出来ないと思っていても、

出来ている事もあるはずですよね。

ほんの些細な事でも良いんです。

挨拶をしてくれる。

ちゃんと目を見て会話をする。

そんな事で良いんです。

 

すると、

出来ないと思っていた仕事でも、

実はほんの少しずつ成長しているのが見えて来ます。

 

5つ間違えていたのが4つになり、

作業の前に確認してくれたり、

紙一枚の僅かなものであったとしても、

成長している事に気付けるはずです。

 

 

いや、それはどうよ?!

なんて否定的に感じた方は、

相手の前に先ずは、

自分自身の良いところを見つける訓練をしましょう。

 

自分の良いところを見つけられない人は、

他人の良いところも見つけられません。

 

自分自身が「認めて欲しい」という欲求に溢れているので、

他人を認めるより先に自分を見て!という、

渇望の色眼鏡で相手を観てしまっているからです。

 

 

結局のところ、

相手に不満があったり愚痴ってみたり、

指導してもキチンと働いてくれなかったりで、

感情を揺り動かされるというのは、

自分自身への否定の気持ち、

自分自身への承認の不足、

自己否定、自己嫌悪、承認欲求、

そう言った事が根底にありますよ、

という現れでもあるという事です。

 

事は上手く進んでいるのに満足が得られない、

そんな場合も同じです。

 

 

先ずは自分。

自分を認める事から、

自分の良さを見つけるところから始まります。

 

私には価値がある。

私は素晴らしい。

よく頑張ってるね。

今日もちゃんと朝起きたね。

しっかり食事もしたね。

仕事も行ったね。

凄いね。

今日も可愛いよ。

あの人の話、ちゃんと聴いてあげれたね。

いつもより穏やかに過ごせたね。

素晴らしいよ。

愛してるよ。

 

 

そんな風に、

自分を認めて優しい言葉をかけてあげます。

 

否定的な言葉ではなく、

肯定的な言葉を使って。

 

もしうっかり否定的な言葉が出てしまったら、

すぐさま

「今のはうそ!間違い!取り消します!」

と手で煙を払うような仕草と共に取り消して、

新たに言い直してください。

 

有り難い事に、

思考が現実化するのにはタイムラグがあるので、

その間に修正も出来るのです。

難しく考えなくて良いから助かりますね。

 

 

何事も実践を繰り返して習得する必要があります。

何度も繰り返し行って、

自分と一体化させなくてはなりません。

 

そうなった時、

自分の口から発する言葉が変わります。

言葉遣いが変わります。

それがどれだけ自分に影響を与えるのかを知れば、

恐ろしくて使う事など出来ませんから。

 

美しい言葉は美しい波動を放ちます。

自身が語るだけで、

周りに素晴らしい影響を与える事が出来るのです。

そして、

心地良い環境を自分に与える事にもなるのです。

 

そんな変化を楽しみながら、

自分を観察してみると面白いでしょう。

 

全ては自己責任。

 

そう言われる所以も理解出来ると思いますよ。

 

 

内側の美しさをそのままに、

この世界に反映させていきたいですね。