感情の紐付け

f:id:nakatakaori:20180607004759j:image

 

 

嬉しい事があった時

純粋に喜べますか?

 

嬉しい事と同時に心配な事があった時

それでも純粋に喜べますか?

 

 

自己肯定感が低い人

自己否定だったり

自己犠牲をしてしまいがちな人

 

そんな人は

感情の紐付けをごっちゃにしてしまっている場合があります

 

 

「嬉しいけれど大変そうだろうから私は喜んではいけない」

 

 

という方程式を生み出してしまうのです

 

そんな方程式は存在しません

 

嬉しい時は嬉しいとキチンと喜びましょう

そうすれば心に喜びのエネルギーが満ちて

愛として溢れ出します

 

そうして溢れた愛が

慈しみや優しさの糧となり

他の方に温かなエネルギーを送る事が出来るのですから

 

 

自己犠牲のプロになれば

「喜び」に触れたかどうかさえもわからない

気付かないという事もあります

 

喜んではいけない

受け取ってはいけない

満たされてはいけない

幸せになってはいけない

 

そんな制限を自分に課している為に

自分を観るという能力が封印されてしまっているのです

 

 

自分にも優しくしなくちゃね

制限や呪いを解放しなくちゃね

癒し愛してあげなくちゃね

 

 

何かを感じた時

今一度よく感情を観察してみると良いです

 

そこに喜びはないか

幸せはないか

嬉しいはないか

探しましょう

 

その感情と

 

悲しさ

辛さ

相手への思いやり

優先する事

怒り

それらは本当にイコールで結び付けるべきものか

冷静に分析しましょう

 

大概

感情の紐付けを間違えています

 

 

自分を大切にする事に臆病にならないでおきましょう

自分を満たす事を躊躇わないでおきましょう

 

ガソリンの無い車は走れません

愛のエネルギーが無ければ

私たちはしっかり活動出来ません

 

ちゃんと

心のエネルギー補給を

愛の充電をしましょう

 

感情の紐付けを正し

喜ぶべき事はしっかりと喜びましょう