自分を縛る価値観

f:id:nakatakaori:20180605115055j:image

 

人は、

無意識の固定観念から価値観を捻出する。

 

わかりやすいもので言えば、

いわゆる「常識」というものが、

自分の中の物差しとして固定観念になりやすい。

その常識は、育った環境や人間関係により異なる。

ごく一部の小さな世界でしか通用しない考え方でしかないのだが、

多くの考え方に影響されやすいのが人間。

無意識のうちに周りからの影響によって、

「こうすべき」

と言ったルールを自分に据えてしまう。

 

そしてそのルールに基づいて、

「私はこうあるべき」

と自分の価値を拘束してしまい、

 

あの人の方が凄い、

私には能力がない、

私はおちゃらけ担当だ、

女性らしさなど持ち合わせていない、

男性らしさなど持ち合わせていない、

色気はない、

男気はない、

チヤホヤされてはいけない、

目立ってはいけない、

優しくあってはならない、

怖がられキャラを保たねばならない、

イジられキャラを保たねばならない、

人の上には立てない、

どうせ私なんて、

 

などの自己否定の枠を生み出してしまい、

そこから抜け出る事が出来なくなってしまう。

抜け出る事を「恥だ」とさえ考えてしまう。

 

そんな人が多いのが今の世の中だ。

 

 

天地がひっくり返る、とよく記すけれど、

それは、

これらの価値観を全て打ち破る事も意味する。

 

自分がこれまで「正しい」と思っていた事は、

実は間違っていたのではないか?

それらを一旦辞めてみたらどうなるだろうか?

こちら側ではなく、あちら側を覗いてみよう。

 

と、これまでとは違う世界に足を踏み入れる事も意味する。

 

 

現状を変えようと思うなら、

自分を縛るものを解かねばならない。

 

何が自分を縛るのか。

 

それは、

環境でも人間関係でも仕事でもない。

自分の価値観、固定観念だ。

 

 

これは本当に自然に、

無意識に空気のように自分を縛っている。

 

そうか、では価値観を変えよう!

と意識した人でさえ、

全く気付かずに価値観に自分を拘束させている。

 

わかりやすいのは「キャラ」だろうか。

 

今までおちゃらけキャラでいたのに、

今更物静かになんて出来ない。

女性らしくなんて出来ない。

男性らしくなんて出来ない。

恥ずかしい。

 

ってね。

 

 

 

単なる幻想だよ。

そんな事ないよ。

 

それは単に、

自分の意志でそこに留めているだけの事。

井の中の蛙状態なだけだよ。

 

よく見るんだよ。

よくよく見るんだよ。