ただいま おかえり

f:id:nakatakaori:20180511204714j:image

 

年齢の節目、

人生の切替のタイミングに、

自分に集中する時間をギフトにする事を決め、

遂に実行。

 

 

ただいま。

 

 

沢山の「おかえりなさい」が嬉しかった。

ありがとうございます。

 

 

 

ゴータマ・ブッダが悟りを開いたとされる
【ヴィパッサナー冥想】
の10日間コースに参加してきました。

 

ヴィパッサナー冥想とは、自分の身体の反応を通して得た体験から、物事をありのままに観る事を学ぶもの。生きる技です。


物事は全て過ぎ去るもの、流れ行くもの、変わっていくもの、無常である事、

【アニッチャ】を信頼し、

明晰な平静な心で、ただ自分を観察しなさい。
その自分の身体を通した経験から得たものだけが、
真実であり現実。
世は無常である、それは自然の法。
それを理解して、愛と慈しみの心で以って、
人への貢献の為に働きなさい。
そして、幸せになりなさい。
幸せでありなさい。

そんな教えでした。

 

身体の細胞の一つ一つの働きさえ知らない私。

少しは見つめる事が出来たかな?

 

 

【聖なる沈黙】により誰とも目を合わさず口も利かず、

ジェスチャーもダメで、

ただ1人修行しているかの如く振舞わなければなりません。

 

ヴィパッサナー冥想に入ってからは、

何があろうとも動いてはなりません。

 

身体の感覚を得るために、

運動もしてはいけませんし、

ほんの少しのストレッチしか許されていません。

 

しかし、

そのような戒律、様々な制限があるからこそ、

純粋に自分の身体観察する事が出来ます。

自分の身体で体験をする事で、

逃れられない真実を得ます。

 

それは、

それぞれがそれぞれにしか経験の出来ない事、

私にしか経験の出来ない事でした。

 

 

 

f:id:nakatakaori:20180512151030j:image

休憩中は中庭で自然の中に身を置いて、

様々なエネルギーをいただきました。

(写真は別の場所です)

 

 

蛇がニョロニョロと這って来て、

私の座る台の下に入り込み、

あっちに行ったと思ったら戻ってきて、

そして去って行きます。

 

それをただ観察している私。

アニッチャの原理はこういう事なんだな、

と教えてもらいました。

 

トカゲ、ヤモリ、蛇、小鳥、鹿、

様々な動物達を目の当たりにし、

彼らの瞳をこの目に写すと、

 

あぁ、仲間である彼らを食す事は出来ないな、

とかんじました。

ここに住まうという営み、

我々と彼らは何ら変わりありません。

その命を奪うというのは、

やはり正しくないな、と。

 

ただそこに居ただけで、

ただ観察していただけで、

得たものがありました。

 

辛いなぁと感じる時でも、
この中庭の魔法のようなエネルギーによって救われ、
だからこそやり遂げられたように思います。

自然の力の偉大さを再確認。

有難い環境の中にいたんだと再確認。

 

 

辛いなぁと感じる時もあったけど、

下界に降りてきたら耳が聴こえなくなったりもあったけど、

帰宅した時には、

帰って来られる場所がある事の有難さ、

柔らかなお布団で眠れる事の有難さ、

何より、

「おかえりなさい」がある事の有難さを、

染み入るほどにかんじました。

 

 

自分自身を含め、

当たり前だと思っている事がまだまだあり、

勘違い、思い違いをしている事もまだまだあります。

 

よく観なくては。

よくよく観なくては。

 

 

物事は、
「知る、感じる、味わう、わかる」
と、その時その時の段階に応じて自分に融合しますから、

ただ謙虚に丁寧に、

実践あるのみですね。

 

 

言葉は万能ではありませんので、

あまり上手く書けませんけれど、

本当に良い経験でした。

 

 

ただいま。

 

 

ありがとう。