能力が奪われるという幻想

f:id:nakatakaori:20180409182623j:image

 

自分の真実に向かって歩き出すと決めたら、

これまで出来ていた事、

大切にして来た能力が奪われる事がある。

 

どんどん出来なくなって、

始めのうちは不安に襲われる事もしばしばある。

 

それが怖くて、

踏み出しても戻ってしまう人も多い。

自分の存在価値が消えてしまうような想いに駆られるからだ。

 

 

だけど実際は、

能力が奪われているのではなく、

不要な能力を手放したに過ぎない。

 

本来発揮すべき能力に、

自分の中の居場所を与える為の序章に過ぎない。

 

手放し易いように調整してくれている状況が、

自分から切り離されているように感じているだけなんだ。

 

 

 

私たちが元々持っているものは、

誰にも奪われる事はない。

それを手放したところで、

私たちの存在価値が消えて無くなる事はないし、

そんな事はあり得ない。

 

それは単なる幻想なんだ。

 

 

いざとなったらまたやれるし、

必要であれば返ってくる。

 

あくまでも、

次の段階に必要なものを受け入れるための準備で、

自身の発展の為なんだ。

 

 

 

頭にギュッと何かが詰まっている感覚、

肩にグンと重い何かがのしかかっている感覚、

お腹がギュゥっと締め付けられるような感覚、

 

それらは、

 

考える事が沢山あるから、

身体が疲れてるから、

疲れのせいで消化が上手くいってないから、

 

じゃない。

不自然な自分

を知らせる身体からのメッセージだ。

 

 

私たちは往々にしてそれを見誤る。

 

 

 

不自然さから自分を解放するには、

不要なものは手放さなくてはならないから、

今までとは違う反応が起こる事もある。

 

時に恐れや痛みが伴う事もある。

 

それでも恐れず抗わず、

その流れを受け止める勇気を持って、

自分を信頼し愛し、

最高最大のビジョンに視点を向ければ大丈夫。

 

行くべき道が決まっていれば、

どんな方法であれそこへ向かうから。

 

ちょっと遠回りになる事もあるけれど、

幻想に囚われる事なく一歩を踏み出せばいい。

 

自分を解放して、

本当の自分に還るための喜ばしい変化を味わいながら。