受け取る情報

f:id:nakatakaori:20180408015426j:image

 

 

自分に必要な情報は、

様々な形で発信されているけれど、

どんな形で発信されるかはわからない。

 

著名な人かもしれない、

セミナーの講師かもしれない、

でも、

近しい人が伝えてくれるかもしれない、

好きな人かもしれないし、

嫌いな人かもしれない。

 

近所の看板、

流れてくる音楽、

ふと目に留まった広告、

通りすがりの通行人、

たまたまページを開いた本、

過去の自分のブログ記事やSNS

仕事の業務の中で、

家事の中で、

 

数え切れない程に多くの機会がある。

 

 

私たちは無意識に、

著名な人や影響力のある人の言葉を受け入れやすい傾向がある。

逆に、

近しい人や、特に家族、

自分より若年層、子供、

嫌いだったり苦手なタイプの人の言葉は受け入れ難い。

 

 

だけど、大切なのは、

誰が発信したかではなくて、

その情報が自分にとってどうなのか、

という事。

 

 

どんなに偉い方が言った事であっても、

自分には違うとかんじるのならば、

それこそが真実。

 

皆んなが信じているからと言って、

自分も信じなければならないような義務はない。

 

発信元が誰であろうとも、

自分には関係ないんだ。

 

 

実際、私も過去OL時代に、

嫌いな上司の言葉を

「わかったような事を言っちゃって」

なんて流した事があったのだけれど、

その後間も無くして実感する出来事を経験した。

 

まだまだひねてた頃だったので、

真実である事が悔しかったけれど(心が小さいね)、

今はちゃんと言ってくださった事に感謝している。

 

 

好き嫌いで判断しているうちは、

正しい情報はなかなか巡って来ない。

遠回りしてタイミングを見計らってやって来るので、

すごく時間がかかる。

 

 

因みに先の上司の言葉は、

 

「相手が誰であれ、その人から学ぼうという気持ちがあれば全てが学びになる。逆に、嫌いだからとか、バカにする気持ちがあれば、どんなに素晴らしい事を言われても学び取る事は出来ない。」

 

「なぁなぁでは仕事は出来ないんだよ。」

 

の2つです。

今は大事にしている言葉たちだ。

 

 

大好きな猫からも学びはあるし、

子供たちからも学びはある。

 

嫌いな人からも学びはあるし、

好きな人からも学びはある。

 

著名であろうがなかろうが、

学びはある。

 

 

私が「学びだ」と思ったその瞬間、

それが真実の言葉を受け取った時なんだ。

 

 

惑わされてはいけない。

 

 

 

 

「誰から聴くかが大切」

と言われるのは、

自分の段階に合った人という意味合いが大きいように思う。

 

自分が受け取れる段階に無ければ、

例え好きな人からの発信でも受け取れないからね。

 

本当に重要な事は、

大切な人から情報がやって来る事が多い、

というのは私の経験。

 

こればかりは人それぞれだから、

自分がどう思うのか、

自分はどうなのか、

学びと感じるのか、

その感度を高めておきさえすれば、

必然的に重要な情報は来るべくして来る。

 

面白い仕組みだよ。