自分の想いと行動の一致

f:id:nakatakaori:20180301142730j:image

 

私が自分に嘘をついていると認めたのは二十歳の時。

 

 

相手が喜ぶような、

相手の理想を叶えるような、

よく見られたいとの想いが先に立ち、

本心とは違う言動で自分を抑圧している、

こんな生き方を死ぬまでし続けるのだろうか。

 

そんな風に思った。

 

 

その後、

心と言葉に嘘がない、

真っ直ぐな人との出会いがあって、

本当の自分のままで生きる事で起こる世界、

というものを見せてもらった。

 

 

それから、

試行錯誤を繰り返し失敗も沢山重ねて、

少しずつ自分の軸をしっかりさせる事に努めて、

以前よりは強い軸になったように思う。

 

それによって、

あの頃には想像も出来ないような世界観が、

私の中に宿る事となり、

それをやろうと決めた事から、

命が燃えるのを感じる事が出来ている。

 

 

自分の想いに素直である事。

自分の内と外に矛盾がない事。

全てが自分にとっての真実である事。

 

 

これがいかに大切か。

しみじみ想う。

 

 

 

もし仮に、

その言動に寄せる想いに邪な物があったとしても、

いわゆる偽善と言われる行為も、

相手が喜んでくれたその熱量が、

邪な想いと同等であれば相殺されるんじゃないか?

 

なんて思ったりする。

 

なので、

邪な想いと同等の良い事であれば、

自身に良い事が返ってくる事もない。

邪な想いより下回れば、

つまり、

邪な想いが強すぎたら、

それなりの邪なもの事が返ってくる。

 

逆に、

利他の想いが邪な想いを越えたその差分が、

大きければ大きいほど、

自分にも良い事として返って来る。

 

 

それを繰り返すうちに、

邪な想いそのものが不要になって、

純粋に自分の想いそのままの言動が、

人の喜びへと寄与し始めるのではないか。

 

 

なんて、

最近思ったりする。

 

 

 

人にはそれぞれ段階があって、

やろうと思っても素直に出来ない事もあって当然。

 

例え邪な想いが芽生えようとも、

それを無き物にするのではなく認めた上で、

それを上回る良い想いを込めた言動を心掛ける事、

その積み重ねこそが大切なんだろうと思う。

 

 

必要があっての今だから、

今の自分を決して否定してはいけない。

 

弱い自分も邪な自分も全て愛して、

共に成長しながら、

最終的に想いと行動が一致するようになれば、

それで人生素晴らしく輝くのではないだろうか。

 

 

それは、

全てを愛するという事の実践だ。