あの日の、今の、いつかの夢

f:id:nakatakaori:20180225123124j:image

 

「1歳から100歳の夢」

 

という本があって、時々読み返します。

実年齢、1歳から100歳までの方々に、

今の夢は何かを書いていただいたものが、

写真と共にまとめられた本です。

 

 

 

f:id:nakatakaori:20180225123136j:image

 

1歳はさすがに文章を書くのは難しいですね。

だけど、ありのままを楽しみながら、

色んな色でくるくる描いたんだろうなぁと思いますね。

 

今を生きる楽しさを感じます。

 

 

小さな子供たちの表現方法は、

文字ではなくて絵。

 

大きなビジョンを紙に現します。

 

 

 

 

f:id:nakatakaori:20180225123147j:image

 

しかし、

あれから5年も経てば、

その絵に言葉が添えられ始めます。

自分の想いを言葉で表現出来る知識が、

この頃から身についてくるんですね。

 

成長における1つの節目です。

 

 

そして、この頃までは、

親の役に立ちたい、

人の役に立ちたいという想いが夢を表しています。

 

 

 

 

 

f:id:nakatakaori:20180225123200j:image

 

また更に5年が経てば、

少しずつ「私は何者か」を意識し始めるみたいです。

 

11歳の彼女は夢がないと語ります。

20歳までの9年間の間に見つけたいと。

 

 

これまでの子供たちの「夢」は、

正に「夢」のような壮大なもの、

宇宙や想像の世界を現実に引き起こす、

というようなものがほとんどでした。

 

しかし、彼女が語る「夢」とは、

現実的な職業や立場などの具体性を帯びているように感じます。

 

これもまた、

成長における1つの節目ですね。

 

 

この先は、

自分がなりたい職業というのが「夢」として語られるようにます。

 

野球選手になりたい、医者になりたいなど。

具体的なものが増えて来ます。

自分が達成して喜ぶ事、

それが「夢」。

 

どんどんと、

自分に自分にと意識が向かっていくんですね。

 

 

 

しかし、

結婚して家庭を持ち、

歳を重ねるからこそ生じる様々な経験から、

また1つの節目を迎えます。

 

 

f:id:nakatakaori:20180225123212j:image

 

大小様々あれど、

何かしらの障壁を越える事も経験して行くにつれ、

意識が少しずつ外に向いていきます。

 

自分という核を強く意識しつつ、

外への貢献を考え始める、

そんな1つの節目を迎えます。

 

 

そうして更に年齢を重ねていくにつれ、

今日までの命について想う機会が増えていくのでしょうか。

 

お人や世の中への貢献という想いから、

お人や世の中からの献身への感謝が心を満たし始めます。

 

 

 

 f:id:nakatakaori:20180225123222j:image

 

自分という小さな世界から、
数十年という年月を重ね全ての人への感謝、

それによって生かされている命への感謝、

全ての人の幸せを願う想いへと変わります。

 

よりワンネスの意識が深まっていくのです。

 

 

そして100歳。

 

 

f:id:nakatakaori:20180225123257j:image

 

 

何が夢かもわからずに、

ただひたすらに生きて来たけれど、

人の喜びを自分の喜びと感じる事ができ、

自分は満たされている事に気付き、

世界の美しさを確かに見つめながら、

美しい笑顔を見せてくれるのです。

 

 

 

1ページ1ページめくりながら、

100人の夢を読み進めていくと、

そんな様々な想いの移り変わりを感じる事が出来ます。

 

 

愛に始まり愛に終わる。

 

 

そんな「夢」を見ながら、

私の今の夢は何だろうかと想うのです。

 

 

あの時の私の夢は?

今の私の夢は?

最後の私の夢は?

 

 

そんな事を想うのです。

 

 

 

 

 

あなたの今の「夢」は何ですか?

 

 

 

 

私の夢は、

5年前とも明らかに変わりました。

この先も変わるのかもしれません。

 

私の魂が喜ぶように、

様々な夢を抱きながら「今」を生きる。

 

様々な節目を待ちわびて、

そんな風に年齢を重ねて生きたいと、

改めて強く想います。

 

 

 

おススメですよ。

 

1歳から100歳の夢

1歳から100歳の夢