存在という支え

f:id:nakatakaori:20180215021940j:image

 

自分の心の支えとなっている存在は

 

その人に何かをしてもらう事よりも

 

その人が居てくれる事が支えになっている

 

 

もちろんしていただいた事にも救われ

 

沢山の愛も注いでいただいているのだけれど

 

何をせずとも居てくれる

 

その事の有難さを噛み締める事が多々ある

 

 

これまでに出逢い過ぎ去った方々も

 

その時々にどのような関わりであったにせよ

 

その存在の尊さは変わらない

 

それによって開かれた扉の数々が

 

それを教えてくれている

 

 

目に前に在る事が重要ではなく

 

目の前に無くとも

 

物理的に無くとも

 

その存在があると言う事

 

なんと有難い事か

 

 

そう想える心の

 

なんと豊かな事か