責任と気負い

f:id:nakatakaori:20180202130908j:image

 

若い頃は、

これをこうするんだ、

こうなってやるんだ、

この道しかない、

こうあらねばならない、

などなど、

若さ故の熱いエネルギーと情熱とで燃えていたけれど、

 

自分の人生を責任を持って歩んで行くという想いと共に、

少なからず「気負い」があった。

 

 

「気負い」こそ若さの象徴なのかもしれない。

 

 

それが経験を重ねる事によって、

気負いは影を潜め、

「責任」をしっかりと持って行動する人が、

同じ年代の方にも多く見られる。

 

 

それは、慎重になって行動に制限をかける事もあるのだけれど、

そういう意味よりも、

無駄にエネルギーを消費する事なく、

本当に必要なところを冷静に判断して、

大事にエネルギーを使っている印象。

 

しっかりと責任を持つし、

覚悟もあるし、

独り善がりじゃない。

 

 

その違いを理解して行く事も「大人になる」という意味であり、

成長なのだろうと思う。

 

 

 

私たちは自分の人生を、

自分の責任で以って彩っており、

丁寧に謙虚に真摯に経験を積んでは学びを得て、

自分を豊かに人を幸せにしている。

 

誰も苦しむ事なく、

誰も力む事なく、

自由に楽に為して行ける。

 

その必要を理解する為にも、

若気の至りや気負いは必要で、

そんなコントラストを楽しめるのも、

私たちの素晴らしいところなのだろう。

 

 

今なお気負っている事はないか、

そろそろ確かめておきたいお年頃。