沸き起こる感情

f:id:nakatakaori:20180202012731j:image

 

たった1日だけの断食。

 

だけど頭の中は食べたいものでいっぱい。

何だかイライラするし、

注意力は散漫になるし、

ネガティブな感情も沸き起こるし、

明日の朝は何食べようか、

そればかり考えてる。

 

 

以前に3日断食をした事があったけど、

その時は酵素の力を借りての断食。

お腹が空くことはなく、

ただ、お口モグモグの動きがない物足りなさのみだった。

 

今回は1日だけともあって、

エッセンシャルオイルの助けをもらって、

お水かお茶で過ごしていた。

 

お腹は驚くほども減らなかったけれど、

とにかく食べたい欲が凄かった。

 

 

 

この感覚は一体どこから来るのだろう。

明日になれば食べられるのに、

たった1日で意識がこんなにも欲に傾く。

 

食べられなかった時代と違って、

自分で意識して断つと全く意味が変わる。

 

受け取れなかったものが受け取れるようになったのに、

何故拒むのか?という疑問のようでもある。

 

心と身体の分離。

まだちゃんと溶け込めていない。

向き合おうともしていない。

何度も欲に負けそうになる。

 

そんな時は様々な事がなんだか切なくかんじてきて、

少し気持ちが伏せる。

 

そして、

今の私はこの段階なのだなと理解する。

 

 

スーパーブルーブラッドムーンがあったから、

節分を前にとても良い機会だと思い行ったプチ断食。

 

エネルギー消費はなかなかのものでした。