季節が抱かせる想い

f:id:nakatakaori:20180130221630j:image

 

年が明けたこのくらいの時期、

いつも同じような事を思っているようです。

 

Facebookの機能で○年前の今日をお知らせしてもらえますが、

日にちもほぼ同じくして同じような事を呟いていたり、

同じような事に想い馳せている事に気が付きます。

 

 

槇原敬之さんの「太陽」という曲について、

 

山下達郎さんの「蒼氓」という曲について、

 

ペインボディについて、

 

怒りについて、

 

心の奥底にある本心について、

 

などなど。

 

新年の節目に、

見返すべき何かに自動的にスイッチするのかもしれません。

私にとっての大切な事なのかもしれません。

 

浅い認識が、

年を歳を重ねる毎に深まっていく、

そんな事をその度に感じます。

 

季節にも助けられながら、

日々を生きているのですね。

 

何に助けられているのか、

もはや意識では捉えられないほどに沢山のサポートが、

私を取り囲んでくれているのでしょう。

 

 

 

そんな事にも想い馳せる2018年の初春です。