ラッキーの連鎖

f:id:nakatakaori:20180129182032j:image

 

ご機嫌でいる事で起こるラッキーの連鎖。

 

 

駅前の駐車場で、最後の一台、便利な場所に停められたり、

 

郵便物を投函しようとポストの前に行くと、ちょうど回収に来られていて持って行っていただけたり、

 

電車の座席が丁度目の前で空いて座れたり、

 

しなければならない事を代わりにしてくれるとの申し出があったり、

 

探し物が一瞬で見つかったり。

 

 

それでもほんの少し、

ネガティブな想いを沸き立たせる事に直面した時、

 

カフェに立ち寄れば、

誰かの愚痴や文句のオンパレードな女性客の隣に座らされます。

 

嫌だなぁ、キツいなぁと初めは想いますが、

あぁこれは私の内面の現れだなぁと気付きます。

 

それを認めて、

ごめんなさい、

許してください、

愛しています、

ありがとうございます、

と、愛を贈って想いを解放すると、

 

もう帰らないといけない時間じゃない?

と、すぐ様帰宅されました。

面白いほどにその出来事が自然と目の前から消えます。

 

気付けば、他の誰のエネルギーにも邪魔されないように、

私の両隣と向かいの席が空席に。

 

お陰様で静かに本に集中出来ます。

 

 

 

この世は自分の内面の現れ、

鏡の世界。

 

その出来事が何を意味するのか、

私の中に何があるのかに意識を向け、

それを1つずつ解放する事で、

あからさまに現実に反映されるようです。

 

 

ラッキーの連鎖を生むには、

常にご機嫌でいる事。

 

常にご機嫌いる為には、

常に心の様子を観察し、

出来事から自分自身を学ぶ事です。

 

 

この世界の仕組みは本当に素晴らしい。