自分をクリアにする事が世の中への貢献

f:id:nakatakaori:20180125141751j:image

 

大げさなタイトルですが、全く大げさでもなんでもなく、

 

 

自分の中にある、これまでに蓄積された恐れ、怒り、不安、トラウマ、悲しみ、後悔、憎しみ、汚れ、偽り、威圧、否定などの様々な負の感情を解放し、

自分の内側、内なる自分、自分の神性、と繋がる事、

本来の自分のありのままの姿である事は、

紛れもなく世の中への貢献となります。

 

自分から発せられるクリアなエネルギーが、

自分を取り巻く周りのエネルギーを同調させ、

恐れのない、クリアな空間をどんどん広げていく事になるからです。

 

物理的な行動としての世の中への貢献、

誰かの役に立つとか、何かの開発をするとか、

あからさまにわかるものでなければ実感しにくかったりもするでしょうけれど、

何も出来ていないと感じていても、

誰でも出来る事がコレなんだろうと思います。

 

 

クリアな空間を広げる…

それはまるで空気清浄機のように。

 

ただし、周りのエネルギーを取り込むのではなく、

自分のエネルギーが周りのエネルギーを変容させ、

勝手にクリアになっていく感じ。

 

 

周りの負のエネルギーを取り込んでしまうと、

自分のフィルターが汚れてしまうので、

今の自分のフィルターはどんな具合かな?

と確認するメンテナンスが瞑想だったりするのでしょうね。

 

取り込むつもりはなくても、

例えば静電気のようにくっついちゃうものもあるだろうから、

いつも状態を見ておく必要がある。

 

 

自分のフィルターが詰まっていると、

それだけ負のエネルギーを吸着しやすくなるんだろうと思います。

 

 

 

「自分をクリアにする事」

 

 

瞑想をしながら、

ふと自分の周りのエネルギーがクリアになって行くのを感じて、

「自分に集中しなさい」

と言われている事の意味を理解しました。

 

私が私である事、

私の内側をクリアにして神性と繋がる事は、

世の中への貢献なんだ、と。

 

 

美しい「氣」の集まる世界への貢献なんだ、と。