その怒りは自分への怒り

f:id:nakatakaori:20180121234604j:image

 

SNSで、某音楽プロデューサーが引退する云々の報道に関する投稿を沢山目にします。

 

理由とされる内容への批判、

その方への擁護、

マスコミの取り上げ方への批判、

週刊誌の最近の傾向(ビジネス手腕)への批判、

 

などなど、

数え上げればキリがありません。

 

 

 

そんなメディアに翻弄されていませんか?

 

 

 

同じように怒りや正義を披露していませんか?

 

 

 

そこに感じた怒りは、

メディアに毒されている自分自身への「自分」からの怒りがあります。

 

そこに感じた正義は、

果たせなかった他の正義を実らせようとする行為であり、

その裏には、

かつてその正義を叶えられなかった自分自身への「自分」からの怒りがあります。

 

 

 

それは本当に抱えなければならない怒りですか?

 

 

怒りに駆られていると感じたら、

速やかにメディアから離れましょう。

不要なエネルギーを使うのはやめましょう。

 

 

 

もしなかなか離れられないのであれば、

こんな事を意識してみてはどうでしょうか。

 

 

1つは、

自分は怒りを感じていると認識したら、

「その向こう側にある本当の想いを探るチャンスを得た」

と思いましょう。

 

何故私は怒りを感じているのだろう?

自分に問うチャンスです。

 

目の前の出来事に対して、

怒りを引き受けると決めているのは自分です。

出来事はあくまで出来事でしかありません。

必ず自分の中に「それを怒りの対象たらしめる」理由があります。

そのチャンスを得たからには、

とことん探ってみましょう。

 

 

もう1つは、

何故こんなにもネガティブな事が沢山あるの?

と思ったとしたら、

「あなたの真実は何かと問われている」

と思いましょう。

 

「何が理由であれ不倫は良くないと感じるな。」

 

「人は、止むに止まれず間違いを起こす事があるんだな。自分もそうなのかもな。」

 

「こういう手法でしか売上を伸ばせないのか。」

 

「正しいと思ってた事、もしかしたら裏があるのかも。」

 

「良いとされていた事が研究の結果覆ったって、他のアレももしかしたら可能性あるかも。自分には合ってたかな、どうかな。」

 

「この報道の裏でそんな事になってたのか。」

 

「これ、ちょっと不自然なような気がする。」

 

 

色々と冷静に捉えて見るのです。

 

 

 

実は、

メディアなどの「やらかし」によって、

「目覚め始めた人」が急激に増えています。

同じような異変に気付いている人が本当に増えています。

 

これまで私たちは、3S政策の成果か、

言われた事を鵜呑みにする傾向がありました。

 

しかし、人々が目覚め始めた事によって、

「これはおかしいんじゃないか?」

と自分で考える人が増えたのです。

 

 

陰が極まり陽と転ずる状態ですね。

 

 

急激に陽に転じる為には、

陰を白日の下に晒す必要があります。

今はきっと、陰陽転じる為の助走の時。

これからももっと晒されるのではないでしょうか。

 

 

私たちは知らぬ間に価値観を植え付けられた部分があります。

 

怒りに支配される事なく、

メディアなどの毒から抜ける努力が必要です。

 

 

出来事は全て、

「あなたの真実は何かと問われている」

と理解して、自分自身と向き合いましょう。

 

それは自分の為であり、

世界の為、

宇宙の為となります。

 

 

怒りで自分の心や優しさを焼き尽くす事のないよう、

自分の真実を知り、たっぷりと愛しましょう。

 

 

 

 

とは言え、

テレビは見ないに越した事はありません。