足踏みさせられる時にこそ

f:id:nakatakaori:20180116022045j:image

 

少し、流れが滞ってしまっていて、

鬱々となりそうなところに思わぬ感情の揺さぶりを得た。

 

少しエリート気取りの私が、

「あぁ、コレは私自身だわ。」

なんて遣り過ごそうとしていたので、

いや待てと、その感情をしっかりと味わわせてもらう事に。

 

感情をしっかり味わい、

それに対する対処もキチンとした上で、

それによる学びに目を向けて自身に落とし込んだ。

 

 

しかし面白いと思ったのは、

その滞りのお陰でやや足踏みされた事により、

思わぬ進展(私にしかわからない事)と、

思わぬビジョンと、

自分がこれから発揮していく能力の要素は何なのかを、

改めて見たり感じたりする時間を過ごした事。

 

もうコレは、

敢えてそうなるように仕込んだもの、

仕組まれたものとしか思えないスムーズさだった。

 

 

先日のスピリチュアル面談でいただいたメッセージが、

「待つ」だったのだけれど、

コレには小さいものから大きなものまで様々あって、

今回の出来事も「待つ」為のものであったとかんじている。

 

「例えばこんな感じね。」と示されたような。

 

 

流れが滞る時は、

抗ったところで流れないものは流れないのだから、

無理に押し流すような事はせずに、

その小さな流れに委ねて解放されるのを待つしかない。

 

その「待つ」間に、

自分の内側に何が起きているかを観察すると、

コレは何だ?というものに出会う。

そこで足踏みしたからこそ見えるものに。

 

 

全てはちゃんと用意されているのだと思う時でもある。